Motorola ISW11M Photonのrootを取ってみた

せっかくいらないスマホが手に入ったので、rootを取ってみました。
ネットにアップされている情報は2013年頃のものがほとんどで、操作するWindowsも10に代わっているし、androidのToolも終了していたりします。
まあ、できるところまで行ってみましょう。

環境はPC Windows10 Home 32bit。android バージョンは2.3.4、上限です。
ベースバンドは「N_02.29.09P」。

Motorola ISW11M Photon

ネットのチャレンジャーの皆様の情報によると、「N_02.28.15P」の初期バージョンのみがブートローダーアンロック可能らしい。
がーん、だめ?
でも、↓こちらではベースバンドは何でもroot化できるとあります。

PHOTON root化方法手順解説
まあ、行けるところまで行ってみましょう。
このサイトを参考にやってみました(感謝)。

まず、PC(Windows10)に、android SDKinstaller_r24.4.1-windows.exe)インストール。
Javaの該当するOS用の最新バージョン「Windows x86 jdk-7u11-windows-i586.exe」をインストール。
PCの環境設定にandroid SDKとJAVAのインストール場所のパスを通します。

次に、ISW11MをPCにUSB接続するADBドライバFhoton用 MotorolaDeviceManager_2.5.4.exeをインストール。

Photon用ROOTファイルphoton-torpedo.tarをダウンロード。

次に、Photonの準備。
Photonの設定→アプリケーション→開発を開き、
「USBデバック」と、「スリープモードにしない」
にチェック。
Playstoreから「SuperUser」をインストール。

そして、ISW11MをパソコンにUSB接続。
ISW11Mの通知でUSB接続が認識されるので、「USBマスストレージ」を選択しておきます。
そしていよいよroot化を開始します。

コマンドプロンプトで開始します。
photon-torpedo.tarを適用して、root化終了。
で、ブートローダーアンロックはできるだろうか・・・。

※ お世話になったチャレンジャーの皆様(大変感謝!)

Photon root化方法 手順解説

【暇人脱獄BlogのPhoton ISW11M CWMあれこれ】とうとう完成。Photon ISW11MにClockWorkMod=CWMインストール完了。Backup&Recoveryが可能になりこれでフルに弄る事が可能になったよ^^

PHOTON ISW11Mのroot化〜ブートローダー解除〜カスタムROM導入までの道のり

Comments are closed