WindowsUpdate後、再起動が止まらない

PC:NEC Valuestar VL500/E
OS:WindowsXP SP2→SP3
インターネット接続:ADSL
キャリア:KDDI
ISP:au-one.net
パソコンが再起動されてしまうのだそうです。
原因として、直前にWindowsUpdateしたそうです。
データのバックアップは未完全。
修理なら、購入店の5年の延長保証がまだあるそうです。
WindowsUpdateトラブルなら、最悪リカバリで直るでしょう。
でもデータのバックアップは必要です。
でも、ハードディスクや電源回りの故障の可能性も残っています。
それなら保証があるのだから、購入店に出したほうが経済的です。
購入店でも相談してみたそうで、やはりデータは保証できず、データの復元はかなり高額(でしょうね)。
セーフモードをご案内したところ、一応起動できたようです。
とにかくフラッシュメモリを買って、バックアップを取っていただくようご案内しました。
でも、とりあえず起動できても5分くらいで再起動してしまい、だんだん起動できている時間が短くなるのだそうです。
やはり、来て欲しいと仰るのでともかく訪問しました。
以下はお客様が書き留めたエラー内容。
================================
A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage to your computer…
(省略)
Technical information:
*** STOP: 0x0000008E(省略)
================================
何度起動できるかわからないので、検証用PCでネットでググッて調べると、マイクロソフトのサポートサイトに類似のトラブルが出ていました。
Intel 以外のプロセッサを搭載したコンピュータで Windows XP Service Pack 2 または Service Pack 3 にアップグレードすると、エラー メッセージ “Stop 0x0000007E” が表示される
エラーメッセージは似ていますが、同じではありません。
このパソコンのCPUはIntelのPentium4です。
一応、メモリーテストもします。これは問題なさそう。
まず、セーフモードで起動してみます。SP3って出てます。
やっぱりSP3にUpしちゃったんですね。
フラッシュメモリを挿入、メールのアドレス帳とアカウントをバックアップ。次にメールデータのバックアップ・・・の途中でフリーズです。
強制終了し、再度起動しようとすると、ディスクチェックが始まりました。
それが終わり、再度セーフモードで起動。
お客様はもうメールデータは諦めても良いとのこと。
最悪リカバリでも良い。
とにかく、起動できているうちにレジストリを修復してみます。
以下は、マイクロソフトの前述のURLに出ていました。
====================================
1.コンピュータをセーフ モードで起動。
2.[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリック。「regedit」 と入力し [OK] をクリック。
3.次のレジストリ キーを見つけてクリック。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\Intelppm
右側のウィンドウで [Start] を右クリックし、[修正] をクリック。
4.[値のデータ] ボックスに 4 と入力し、[OK] をクリック。
5.レジストリ エディタを終了。
6.パソコンを再起動。
====================================
すると・・・、正常に起動したようです。
しばらく使ってみます。5分経過・・・、大丈夫のようです。
シャットダウンして、起動してみます。うん、大丈夫のようです。
直りました。犯人はSP3でした。
Updateをあんまりしつこく誘われて、ついしてしまったそうです。
先ほどのシステムチェックのログを確認すると、HDDに損傷は無いようです(良かった)。
お客様曰く、動きが遅くなったような気がする。
WindowsがSP3にUpしてしまいましたから、メモリ512MBでは仕方無いでしょう。
メモリ増設すれば早くなると思います。
今回はこれで直りましたが、だめだったらWindowsXPのCD-ROMで修復コンソールをかけるか、システムの復元、それでもダメならリカバリの予定でした。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA