GateLock取り外し

gatelockPC:Sony Vaio VPCCW19FJ
OS:Windows7 HomePremium SP1 64bit
Memory:4GB
LAN:RT-S300SE、Web Caster GateLock X300、WBR-B11
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN

インターネットもメールも使えなくなったそうで訪問しました。
おそらく無線LANのトラブルかと思われますが、機器の電気の入れ直しをしてもダメだったそうです。
訪問して、正しい順序で電気を入れ直すと、ネットに繋がりました。
でも、こちらのネットワーク機器の構成がトラブルの種です。

ONUーRT-S300SE(ひかり電話対応ルータ・初期状態)ーGateLock X300(PPPoE接続)ーWBR-B11(無線アクセスポイント)

GateLockはコンピュータウイルス対策機能付ルータで、かつてルータでセキュリティ対策ができる良いサービス「フレッツセーフティ」の機器だったのですが、NTTは平成19年にあっさりこのサービスをやめてしまいました。
今はただのルータです。
こちらのお宅ではまったく余分なルータで、PPPoEの設定はRT-S300SEですれば良いので外したいのですが、ISPのOCNの書類とGateLockの設定で接続IDが違っています。
これではGateLockが外せません。
OCNのサポートページでログインしようとしてもログインもできません。多分変わっているのでしょう。

OCNに電話して事情を話すと、お客様番号がわかっていれば、Web上から接続ID・パスワードが確認できるとのこと。
確かにありました。
OCNマイページ(会員サポート/手続き)で、「ID/パスワード 確認・再発行」で、お客様番号・お客様名・郵便番号・登録の電話番号を入力すると、画面上に電話番号が表示され、そこに2分以内に登録の電話番号から電話をかけると、Web上に接続ID・パスワードが表示されるシステムです。
認証IDは変わってもお客様番号は変わらないのですね。
郵送してもらうしかないと思っていたので助かりました。

これでRT-S300SEが設定でき、GateLockは外せました。
無線機のIPアドレスを新しい環境に合わせて固定します。
無線機も古いので、ついでの時にこれも入れ替えましょう。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA