メール配信不能(550 Relaying denied)

レンタルサーバーを乗り換えてから、メール送信に度々失敗するとのこと。

これは最近多い、「pop before smtp」の仕様の為です。

popが受信で、smtpは送信、つまり最初にメール受信してからでないと送信ができないのです。

なぜこんな仕様にするかというと、迷惑メール送信を防御する為で、受信によって認証を行ってから送信をさせるものなのですが、メールソフトの多くは「送受信」をいっぺんにしており、つまり「送」が先なのです。この為エラーが出てしまいます。



メールソフトによっては、この「pop before smtp」に対応しており、私の愛用の「Becky!」は全く問題がありません。

しかし、このお客様は「MicrosoftOutlook2002」をご利用で、「OutlookExpress」はまだ「すべて受信」「すべて送信」ボタンがありますが、「Outlook」にはありません。また、デフォルトでは起動時に送受信を行わない。

この為、起動後送信しようとするとエラーになるのでは無いかと思います。



そこで、下記のように「Outlook2002」の設定を変更しました。



[ツール]-[電子メール アカウント]でアカウントを選び、

「インターネット電子メールの設定(POP3)」の右下にある[詳細設定]ボタンをクリック、

[送信サーバー]タブで[送信サーバー(SMTP)は認証が必要]をチェック、

[メールを送信する前に受信メール サーバにログオンする]をチェック。



そして、「Outlook2002」の起動時に送受信を実行するよう、下記のように設定。



「ツール」→「オプション」→「メールセットアップ」→中ほどの「送受信」ボタンを押し

→「送受信グループ」の下側の「グループ”○○”の設定」で

「Outlookがオンラインのとき」の「次の時間ごとに自動同期をする」にチェックを入れ、

時間を「5分」で設定。



これで、起動時にまず送受信が自動で行われ、その後5分ごとに送受信が行われます。

いつメール送信しても受信後5分以内になるわけです。

ただ、この5分後との送受信がウザったいようでしたら時間を調整していただければと思います。

2 Comments - Leave a comment
  1. 桑原美砂子 より:

    ありがとうございました!
    たいへん助かりました!!

  2. 嶋崎 より:

    お役に立ててなによりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA