DELLのDiagnosticsプログラム

DELLのInspiron 1150の続きです。
ハードディスクを交換して、WindowsXPはちゃんと入りました。
でも、CD-ROMが認識しづらかったり、バッテリーはずっと充電中だったり、
どうも信用できないので、診断プログラムをかけることにしました。
DELLのDiagnosticsプログラムです。
パソコンの機器全部チェックしたいのでExtended Testを選択。

すーーーんごく時間がかかりました。
しかも、いろいろ英語で出てきて「ああしろ」「こうしろ」と。
いきなり音は鳴るし、びっくりするじゃないか。
これはお客様には無理じゃない?
でも、こんなに時間がかかるんじゃ、訪問してやるのも無理だなあ。
送ってもらって、診断のみでの料金設定なら可能かな。
やっぱりメーカー修理か、買換えが無難ですね。

で、バッテリーも不良、
これじゃよそには渡せないなあ。
どうしよう・・・、またUbuntuかな。

とりあえず、HDDに不良クラスタあってもWindowsXP SP2入れても問題ないか実験中。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA