• 2020年11月20日

【ScanSnap IX1500】パソコン別にアカウントを変えたい

ScanSnap IX1500を活用しまくっています。
今回は、複数人でScanSnapを使う場合、パネルで色分けできます。
追加設定するパソコンのScanSnapアカウントを別に設定します。

Scansnapを起動しておき、パソコンにScanSnap Homeをインストールしたら、パソコンのメニューで「設定」→「環境設定」を開き、「アカウント」タブで、「アカウント未登録の場合はこちら」で、アカウント登録ページへ行き、「追加ライセンスを登録する」を作成し、サインインします。

scansnap

今回は私一人で使うのですが、パソコン毎に設定やパネルの色を変えたかったので、別途アカウントを追加してみました。
こういう時に便利なのがGmail。メールアドレスのアカウントの後に「+〇〇〇」をつけると、別のメールアドレスとして使用することができます。つまりメールアドレスを増やさずに2つ目があるように使えるのです。
例:hogehoge@gmail.com → hogehoge+sub@gmail.com

会社に一台置いておくとペーパーレス化がはかどります。

参考:

ScanSnap Homeのライセンス認証をする
Scansnapアカウント管理ページ

  • 2020年11月20日

iMacでもiPhoneでもScanSnap IX1500

ScanSnapを買い替えて約1ヶ月のレビューです。scansnap

まず悩んだのはソフトウェア、私の場合買い替えなので、今までのScanSnap Managerを使うか、新しいScanSnap Homeを使うか、詳しくは下記にメーカーの解説があります。
ScanSnapで利用できるソフトウェア

名刺アプリのデータ移行も考えますが、いずれはScanSnap Managerは終了するらしいし、iMacも買い換えました。
ScanSnap Managerでデータ移行した上で、ScanSnap Homeにソフトを移行するのか悩みましたが、旧iMacはまだ手元にあるので、ScanSnap Homeで設定することにしました。

まず、ScanSnap Homeをインストール。そしてScanSnapアカウントに登録。これ大事。
登録することで、最大5デバイスでScanSnap Homeを使用することができます。パソコン1台だけで使うので無ければ必須です。
ScanSnap Homeを複数のパソコンにインストールしたら、ユーザープロファイルを作成。スキャンの保存場所などを好みの設定にして、パネルのアイコンの順番を使いやすくカスタマイズ。ユーザーの色を変えてわかりやすくします。この時に、スキャン設定のファイル形式のオプションで、「検索可能なPDFにします」にチェックを入れましょう。

scansnap scansnap scansnap

スキャンしたデータは編集も可能で、Officeソフトに変換もできますが、これは一応できるというレベル。

旧iMacの名刺アプリ「CardMinder」からは、データベースを書き出しして、新iMacのScanSnap Homeでメニューバーの[ヘルプ」-「移行」-「CardMinder」で取り込めました。

iPhoneでは、ScanSnapアプリを使って、これまではLINEやSlackで画像を送ろうと思ったら写真撮影していましたが、ScanSnapでPDFとしてスキャンするときれいで早い。

紙の書類はもちろんPDF化して、SideBooksに入れました。これで、紙の書類を持ち歩く必要が無くなり、カバンひとつで仕事ができるようになりました。
仕事の環境は一人ひとり違うので、マニュアルには目を通すことをお勧めします。急がば回れ。

  • 2020年10月21日

ScanSnapの旧式から買い替え、ScanSnap IX1500のレビューです。

ネットワーク対応になって、便利さは拡大しました。WindowsからもMacからも接続して、アプリを起動した方に保存されます。
スキャンの読み込み速度の速さは感動的。Brotherの複合機のスキャン機能をすっかり使わなくなりました。
というのも、Brotherの複合機はオートシードフィーダーではスキャンができません。
本を自炊目的で使っていたScanSnapですが、便利過ぎて愛おしくて仕方ありません。
この小ささとシンプルさ、富士通はいっそのことパソコンよりもこっちに営業強化した方が良いのでは無いか。
やっぱりよく使う機能は専用機にすべきなのね。
会社のペーパーレス化に必須のアイテムです。

Ubuntuでの使用はまだ情報が見つかりません。

ScanSnap IX1500

ScanSnap IX1500