ADSL認証失敗

無線1台、有線1台設定
1台目(有線)
PC:富士通 FMV-DESKPOWER MⅦ267
OS:Windows98
2台目(無線)
PC:DELL INSPIRON 1150
OS:WindowsXP SP2
LAN:WBR2-G54/P
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:OCN
以前別のサポート会社の人に設定してもらって、別の無線機を使用していたのですが、頻繁に接続が途切れるので評判の良いBuffalo製品に買い替えたのだそうです。
まずはAOSSボタンで無線パソコンを設定、親機の設定画面を開くと「認証失敗」と出ています。どうやらこの画面までなんとか開いたことがあるようです。プロバイダの書類を見せていただくと、ダイヤルアップ契約時のもので、ADSLにした時点で接続IDとパスワードは変わっているようです。お客様に探していただくのですが「これしかない」とおっしゃいます。有線接続しているデスクトップにフレッツ接続ツールが残っているので確認すると、ADSL用のIDで設定してあるのでその時点でプロバイダの書類はあったはずです。捨てはしないはずなので頑張って探していただくと、見つかりました!
これで正しく設定でき、インターネットに接続可となりました。
有線接続のデスクトップに残っているフレッツ接続ツールはアンインストール。
念の為、頻繁に接続が途切れた時に使用した場所へ、ノートパソコンを移動してみます。すると電波が18%まで下がってしまいました。これでは途切れるはずです。
あちらこちらに移動して電波状態を見ますと、間の壁がだめなことがわかりました。でも、幸い壁を挟まない場所に親機を移動することは可能です。壁さえ挟まなければ電波はほぼ100%出ています。
そういうわけですから、前の無線機はおそらく正常です。
ルーターを導入したら、フレッツ接続ツールをアンインストールしないといけません。無線は親機の近くで設定したら、実際に使用する場所で動作確認しなければいけません。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA