Macの遠隔操作ソフトを試してみた

テレワーク導入作業で、Macをどうするかかなり悩みました。以前はMacは標準で画面共有ができました。それが macOS Mojaveで『どこでも My Mac』廃止。介護の見守り案件の時もこれが使えなくて困りました。
Appleから「Apple Remote Desktop」というアプリが公開されているのですが、10,000円もする上に、レビューの評価が低い。

今回「Screen4 for macOS」を試しました。 
まず、遠隔操作されるパソコンに「Screen connect」をインストールし、Screens IDを取得。iCloud IDと紐づけします。

次に接続するパソコンに「Screens 4」をインストールして、Screens IDでログイン。

すると、以前の「どこでも My Mac」と同じ操作が可能になりました。
遠隔操作アプリでMacに対応しているものもあるのですが、毎月課金になるのより、このシェアウェアはとてもお得です。

Screen for macOS

2 Comments - Leave a comment
  1. ふくやす より:

    使い勝手はいかがですか?
    どんな感じか、動画で上がると嬉しいのですが。

    同じく、毎月課金のリモートアプリは勿体ないですし…。

  2. marumi より:

    これを設定した会社さんでは好評です。自宅でもお試し版入れてみましたが、もう期間終了してアンインストールしたので動画取るのは難しいです。Windowsからでも遠隔操作できておもしろかったですよ。Macで仕事しているなら、月額課金のリモートアプリいらないのは良いですよね。
    ただ、解説が英語だったのでトラブルがあるとちょっと大変かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA