OSのクリーンインストール

PC:HawkEye700-S produced by OTO
OS:Windows98
LAN:corega FEtherⅡCB-TXD
インターネット接続:CATV
ISP:AYU-NET
PC不調、全ての処理が異常に遅く、ハードディスクより「ジー・・・カツン」と音がする、リカバリディスクはもともと無い。ウイルス検出ソフトは期限切れ。ウイルスやスパイウェアの可能性もあるが、「システムにエラー・・・」とメッセージが出たこともあるとのこと。正常終了しても再起動するとスキャンディスクが始まる。
「買い換えたほうが良いでしょうか?でもあまり使ってないんです」
新しいパソコンを購入しても、古いのを処分するにはデータの完全消去をしなければいけないし、それももちろん自分ではできそうにない。購入時に教材と一緒に高い値段で買わされたいわくつきのパソコンで、お客様としてはこのまま買換えでは納得がいかない。でも、ハードディスクが物理的に損傷していればあきらめるしかない。
「とりあえず、見てみましょう」
ハードディスクには空きはあるし、バックアップはFDに取れる程度なので、確実な手段としてHDをフォーマット後、OSの再インストールすることにしました。ディスクのチェックではエラーは検出されなかったので一安心。
もしもの為に起動ディスクを作成し、LANカードをセットアップ、IE5.5にUpgrade、Norton AntiVirus2005・WORD・EXCELインストール、プリンタセットアップ。どうやら、ハードディスクからは妙な音はしなくなり、正常に動作するようになりました。どうやら、トラブルはソフト面のみだったようです。めでたし、めでたし。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA