ADSL阻害要因(電話線劣化)

ADSLの阻害要因が全く無いお宅です。
ただ、宅内の電話線がとても長いです。
公団なんですが、玄関入り口近くに電話線が引き込まれていて、その後がパソコンのある部屋まで長い、しかも古い。
試しにドアの外の電話端子盤に直接モデムを繋いでみると、ちゃんとリンクします。
ここからパソコンの所までのどこかで電話線が損傷があるのでしょうか。
損傷がどこか追求するのは大変だし、今回突き止めても古い電話線ですからいずれまた別の場所がダメになる可能性もあります。
そこで、ドアのそばの電話線が入った所で一旦切断して、ここにMJを設置することをご提案。
ここにモデムを繋いでリンクすれば、あとはお客様ご自身で好きなように配線するそうです。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA