CompizFusion有効!

FMV-BIBLO MR16BにUbuntu7.10インストールした続きです。
なんとかCompizのセットアップに成功しました。
compiz.jpg
PC:富士通 FMV-BIBLO MR16B
OS:WindowsXP SP2→Ubuntu 7.10
CPU:Pentium4 1.60GHz-C
チップセット:Intel 845MP
HDD:40GB→60GB
Memory:256MB→525MB

結局、ドライバはそのままで使えたのでした。

glxinfo |grep directを実行で
direct rendering: Yes

です。

下記をインストールすると、
gnome-compiz-manager
libgnome-compiz-manager
xserver-xgl

「システム」>「設定」に「GL Desktop」項目が表示され、これを有効に。
CCSMが起動しないのでアンインストールしてインストールし直しましたら、「外観の設定」で通常効果が選べるようになりました。CCSMも起動できます。

炎.jpgまとめると簡単そうですが、かなり遠回りをして、 「Ubuntu日本語フォーラム」でお世話になりました。
感謝。

以下は有効にできたモード
展開、Ringスイッチャー、半透明、反転、デスクトップのズーム、デスクトップの壁、揺れるウィンドウ、炎を描画、スプラッシュ、Shift Switcher

ダメだったモード
Cube Caps、デスクトップキューブ、水効果、

よくわからないもの(効果が効いているのかいないのかわからない)
モーションブラー、Trailfocus、アニメーション、

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA