• 2012年7月30日

ASUS Pad TF300T TF300-BL32D ブルー

仕事を目的に使うタブレット端末について導入を検討するお客様が増えてきました。
私自身も夏に熱を発するデスクトップパソコンとディスプレイを立ち上げたくない。
一番涼しい部屋へと移動して使える、熱を発しない端末が欲しかったので、色々調べて検討した結果選んだのがこれ。

Model:ASUS Pad TF300T TF300-BL32D ブルー
OS:Android TM 4.0.3
表示機能:10.1型 LEDバックライト 1280x800dot(WXGA)
CPU:NVIDIA Tegra3
Memory:1GB
HDD:32GB
無線機能:無線LAN 802.11b/g/n、Bluetooth V3.0+HS
インターフェース:micro HDMI出力x1、micro SDHCメモリーカード、micro SDメモリーカード
サイズ:263×180.8×9.9mm(ドック装着時263×180.8×20.3mm)
重量:635g(ドック装着時1.1kg)

ASUS TF300T
まず最初に、液晶に反射防止の液晶保護フィルムを貼りました。
これで落ち着いて画面が見れます。

起動するとすぐ無線LAN接続、インターネット接続。
chromeインストールしてログイン。
とりあえずASUSにユーザー登録、サポートサイトよりマニュアルダウンロード。
製品のUpdate。
色々設定するのにやっぱりキーボードがあるのはほっとする。

この黒に近いブルーが気に入りました。
もっと低スペックなもっと安い機種でも構わなかったのですが、この色はドック付きではこれしか無かったのです。
ASUS TF300T

  • 2012年7月27日

Windows7のXPモードを検証

WindowsXPから7に乗り換える際に、どうしても7に対応しないソフトがある場合、Windows7 ProfessionalならXPモードがあります。

xpモード
今回は、下記のPCにWindows7 Professional 32bitをインストールして、XPモードを検証してみました。

PC:富士通 FMV Deskpower CE50W7
OS:WindowsVista→Ubuntu12.04→Windows Professional SP1 32bit
CPU:インテル® Core™ 2 Duo プロセッサー E4300(1.80GHz)
HDD:400GB
Memory:1GB→4GB(2.99GB使用可能)
※ XPモードにはデフォルトで512MB割り当て。

ここから↓XPモードとVirtualPCをダウンロード。
Windows XP Mode および Windows Virtual PC

画面に従って進むだけでインストールは特に問題無し。
以前はいろいろ面倒だったようですが、どうやら安定したようです。

デバイスマネージャを確認すると、その他のデバイスに「Virtual PC Integration Device」が3つ並び、「?」マークがついていますが、これはダブルクリックすると、「このデバイスは正常に動作しています。」とのことで、問題無いそうです。

インターネットは問題無いですが、ネットワークはそのままでは使えません。
下記の方法で設定。

[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows Virtual PC]-[Windows Virtual PC」で、「Windows XP Mode」を選択し、設定をクリック。
左メニューのネットワーク項目で、アダプタ1に設定したいアダプタを選択。
OKで閉じ、通常のネットワーク設定を行う。

これで、NASへの接続も、ネットワークプリンタへの接続もできました。

セキュリティも必要です。
たいして使わない検証用なので、MSEをインストールしました。

XPモードのバックアップは、下記の3つのファイルをバックアップします。
“C:\Users\ユーザー名\仮想マシン(Virtual Machines)”フォルダーの vmcx ファイル、
“C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン” フォルダーの vhd ファイル、vmc ファイル

万が一、Windows7をリカバリした際は、XPモードをインストールしてから上記のファイルをそれぞれの場所にコピーすれば良いそうです。

と、いかにも問題無さそうに見えますが、これはあまり使わない状態です。
重要なソフトをXPモードでインストールして、PC起動しない、バックアップ取ってない、なんて事態になったら・・・、ちょっと考えたくありません。
ま、そういう事態でお客様から対応依頼が来れば、もちろん対応するんですが、仮想マシンであることに変わりは無く、重要なものならやはりメインOSでバージョンアップなどで対応させておくほうが将来的にも良いと思います。

  • 2012年7月25日

Office無しでOfficeを編集

OfficeのインストールされていないPCでOfficeソフトをプレビュー・編集できるサービスを検証してみました。

LibreOffice
フリーソフト、Ubuntuではこれを使っています。
Officeのどのバージョンのファイルも開けるのですが、表などが結構くずれます。
シンプルなものは大丈夫です。

SkyDrive
無料で25GB使えますが、WindowsLiveIDが必要です。
Office2007以上しかWEB上での編集(Office Web Apps)はできません。

Googleドライブ
無料で5GB使えますが、GoogleIDが必要です。
プレビューはできますが、編集はGoogle形式に変換が必要で、変換すると崩れてしまいます。

Zoho
無料で1GB使えます。
動作がややもっさりしていて、結構崩れます。

ThinkFreeてがるオフィス
結構いい感じですが、2012年11月30日(金)で、サービスの提供を終了して、ThinkFree Onlineをスタートだそうです。
今のところは無料で1GB使えます。
Officeのどのバージョンも開けました。
ただ、提供元があのソースネクスト。
かなり不安です。

シンプルな作りにしておけば結構開けますが、他人から送られたOfficeファイルを開くのには難しいかもしれません。

  • 2012年7月25日

Officeのプロダクトキーを調べるソフト

検証用PCとか、複数台PCを持っていて、その上Ubuntu上で仮想マシンもある。
だんだんWindowsやOfficeのディスクがどれがどれに入れたのかわからなくなります。
それを調べてくれるのがこのフリーソフト。
ProduKey
produkey インストールして、実行するだけでProductID・Profuct Keyを教えてくれます。
html形式でレポート出力もできて大変便利です。
ただ、セキュリティソフトの「AVG」が、危険危険とうるさかったです。
他のセキュリティソフトでも止められるかもしれません。

  • 2012年7月21日

PC買い替えとパスワード紛失

FH55HN3PC:富士通 ESPRIMO FH50/HN
OS:Windows7 HomePremium  64bit
CPU:Intel Core i3-2350M (2コア/4スレッド/2.30GHz)
Memory:4GB (2GB×2)
HDD:約1TB
ドライブ:スーパーマルチドライブ
ディスプレイ:21.5型ワイド フルフラットファインパネル IPS液晶 (本体一体型) [1920×1080 Full HD]
TV機能:地上デジタル(ハイビジョン/ダブル録画対応・Windows(R) Media Center)

仕事で6〜7年使ってきたデスクトップを買い換えと初期セットアップからデータ移行までご依頼頂きました。
初期セットアップとWindowsUpdateまでは納品前に済ませて、当日はセキュリティソフトやメール等データ移行です。

セキュリティソフトは、McAfeeの「アンチウイルスプラス」をご契約なので、McAfeeのサポートサイトからダウンロードするのですが、会員登録したパスワードが不明です。
既存のパソコンはまだ正常に使用できるので、こちらでパスワードリセットの手続きができました。
パスワードを再設定してインストール。

メール設定(WindowsLiveメール)も、パスワードが不明です。
OCNなので、受信可能なメールアドレスがあればパスワード変更が可能です。
こちらもパスワードを再設定して、メールデータやアドレス帳を移行しました。

データ移行と今後のバックアップの為に、BuffaloのポータブルHDD(500GB)「HD-PV500U2-BK/N」を購入。
「MS-OFFICE Home and Business 2010」をインストール。
TV設定も完了。
プリンタ設定(Panasonic DP-1820、CANON Pixus6100i)。
バックアップの設定をポータブルHDDに取るようスケジュール登録しました。

  • 2012年7月5日

放射線情報共有マップ(RISM)プロジェクト

株式会社inFlowさん販売のGPS付きガイガーカウンター「PiPi」を購入しまして、放射線情報共有マップ(RISM)プロジェクトに参加しました。
この「PiPi」を1個購入すると、被災地に1個寄付されます。

ガイガーカウンターについては怪しげなものもあり、個々に補正が必要らしく、購入を留まっておりましたが、この「PiPi」は個体ごとの補正係数を設定済みです。
車のダッシュボードに置いて測定しながら走ってみました。
pipi
パソコンにインストールした専用ソフト「PiPi Data Uploader」でアップロードします。

RISMプロジェクトサイトからログインして、アップロードしたデータを見れます。
データは他の一般公開も可能で、Google earthで他ユーザーと共有することができます。

pipi
仕事でたくさん車で移動しますので、データ収集に役立つし、なんとなく不安になっているお客様に、自分の家の家庭菜園や子供さんの遊び場をちょっと計ってあげるといいんじゃないかと思います。
pipi

  • 2012年6月6日

パソコン自動切替器

SW-KVM2DU今まで複数台のパソコンをディスプレイ・マウス・キーボードを、切替器で共有していましたが、良いパソコンがたまたま同じ機種2台余ったので、これを機会に今までのアナログからDVI接続の切替器に買い替えました。
このパソコン、とても静かなのが気に入っています。

PC:富士通 ESPRIMO CE50W7
OS:WindowsVista→7
切替器:sanwa SW-KVM2DU

キーボード・マウスがUSB接続なので、コンバータケーブルsanwaの「USB-CVPS1」を購入。
ワイヤレスマウスは、ELECOMの「M-FG2DL」ですが、マウスポインタが左右しか動かず上下の動作が異常で使えません。
Buffaloのワイヤレスマウスを試すと、今度はマウスは使えますが、パソコンの切り替えがスクロールボタンの2度押しでできません。
サポートサイトを確認すると、 うまく動作しない場合はマウスエミュレーション機能をOFFにするとある。
このマウスエミュレーション機能をOFFにするのは、キーボードからしかできないので、キーボードが認識されなかったらアウト。
で、マウスエミュレーション機能をOFFにすると、 パソコンの切り替えがスクロールボタンの2度押しでできない。
キーボードからの切り替えで良しとしましたが、キーボードやマウスの相性が面倒な製品のようです。
一応、我が家では設定完了。


  • 2012年6月5日

Office認証で通信エラー

パソコンの初期設定を依頼され、認証を通そうとすると、なぜか「通信エラーが発生しました。インターネットに接続していることを確認して、再度実行してください。(0x80072F8F)」と出てしまいます。
インターネットやメールは設定して動作確認済です。

電話認証を試みると、大変混みあっておりますのアナウンス。
混みあってるって事は多分サーバー側の問題でしょう、みんなできなくて電話認証をしようとしている。
これが自分のPCなら別の日にもう一度やってみれば良いことです。
ですが、今回は委託業務で、お客様は何もわからない。
やられちゃったって感じ。

Wordのヘルプからユーザーサポートの電話番号を見つけてプロダクトIDを入力して問い合わせ手続きをしました。
この時点では4人待ちとのことなので、待ちました。
少し待つと担当者に繋がり、この電話で認証を通しました。
「どうして認証できなかったんでしょう?」と聞くと、「本日サーバーで認証ができない状態でして・・・」との答え。

サポートサイトに障害のお知らせくらい出して欲しいものです。

  • 2012年5月15日

NAS導入(Buffalo LS-WX2.0TL/R1J)

この会社では複数台のパソコンのファイル共有でデータ共有し、プリンタの共有もしていました。
セキュリティソフトの不具合で共有できなくなったり、 印刷もパソコンが立ち上がっていないとできなかったりと不便ですし、そのデータ自体のバックアップも取っていない状態なので、何かあったら非常に危険です。
今回、工場移転を機会にNASを導入することにしました。

Buffalo LS-WX2.0TL/R1J
LS-WX2.0TL/R1Jいろいろ調べてみましたが、ダントツでこれが一番という製品がありません。
どうしてもNASはトラブルもつきものですが、お客様の使い勝手とメンテナンスを考えるとNASが一番だと思います。

セットアップ自体は簡単。
ファームウェアを最新に更新。
起動スイッチはAutoにして、設定したパソコンの中のどれかが起動すれば自動で起動するようにします。
RAID1モード設定をし、異常時にはメールでお客様と弊社とに知らせるように設定。
この設定でちょっと手こずりました。
メールテストがエラーになります。
ポートはこちらは25なんですが、587でもNG。
ネットでググると同じく設定ができない人がたくさんいますが、今回はネットワーク設定でIPアドレスを固定した際に、DNSが未設定だったのが原因でした。
プリンタをUSB接続してプリントサーバー設定。

どうか、HDDが2基とも逝っちゃうなんてのだけは勘弁してね。


  • 2012年4月30日

Mac Book Air 有線LAN接続

PC:Apple Mac Book Air
OS:MacOS X Lion

LAN:NEC ATERM WR8750N、WL300NE-AG
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:ぷらら

このパソコンには有線LANポートがありません。
基本が無線LANなんですね。
お客様不安に感じて、「Apple USB Ethernet アダプタ」を購入済みです。
無線LANはコンバータタイプのセットモデルで設定済みで出荷されています。
アクセスポイントも同じ部屋内なので、多分無線LANで直接アクセスポイントに接続するようになると思うのですが。

Macに繋いで、環境設定でネットワークを開くと、 「USB Ehternet」項目が未接続になっているので、これを適用すると接続しました。
mac book air Windowsで開き直すと、自動でドライバをインストールして、ネットワークに接続します。
それにしてもパソコン薄いですね。
私のような古い人間は不安になってしまいます。