• 2016年6月20日

パソコンにWindows10へのお誘いが出ているそうで、どうしたら良いかご相談で伺いました。

PC:PANASONIC Let’snote S9 CF-S9KWEJDS
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
CPU:Intel Core i5_M520(2.40GHz)
HDD:250GB
Memory:2GB→4GB

Windows10アップデート

「Intel(R) Dynamic Power Performance Management」が互換性が無いと警告が出ます。
念の為ググってみると、単にアンインストールで済まないケースもあるようです。
もちろんアップグレードして不具合があれば復元もできます。
ですが、万が一何かあればお客様ご自身では対応できません。
メーカーサイトの情報ではWindows10対応機種です。
それでも、アップグレードするなら念の為バックアップを取らなければいけないし、アップグレードも、復元もやれば時間がかかります。
勝手にアップグレードするかと思えば、積極的にやろうとすると想像以上に時間がかかることもあるのです。
仕事に支障も出るでしょう。

もともと2年前に購入した中古のパソコンでもあり、このまま2020年まで使って買い換える方向に決まり、Windows10へのアップグレードはしない設定にしました。
ついでにメモリ増設。

  • 2016年3月17日

勝手にWindows10にアップデートされてしまった法人のお客様、プリンターが一台印刷できなくなって、ドライバー入れたら印刷できたものの、パソコンを起動する度にまた印刷できなくなり、その都度ドライバーを入れなおす羽目に・・・。
これでは仕事にならない。いや、勝手に仕事の最中にアップデート始められて、忙しい時に長時間Microsoftにパソコン乗っ取られた訳です。
お客様のご希望によりWindows7に復元しました。

さて、事務所の全てのパソコンの強制アップデートを止めなければいけません。

Windows10トラブル

自動更新の設定を変更します。
重要な更新プログラムは、「重要プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」に。
推奨される更新プログラムは、「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」のチェックは外す。
本来、WindowsUpdateを自動でやった方が良いのですが、こんなリスキーではウイルスより危険です(ウイルスならセキュリティソフトが止めてくれる)。
定期的にお客様に目視で10へのアップデートが含まれていないか確認して、手動でやっていただくか、定期的に保守に伺うかですね。
強制アップデートを止めるフリーソフトも出ているようですし、法人向けにMicrosoftが案内している方法もありますが、今後も何をやり始めるかわからないので自動で何かをさせるのは危険だと思います。

1台またWindows10へのアップデートを始めるパソコンがありました。

Windows10トラブル

今すぐか、今夜のアップグレードです。
ネットの情報だと、左上のバーガーアイコンで「予約の確認」から取り消しができるらしいのですが・・・、

Windows10トラブル

無くなりました。
しかも、アップグレードの予約もしていません。

幸か不幸か、このパソコンはしばらく使わなくて良いそうなので、電源を入れずに保管して対処法を探すことになりました。

※ 追記(2016/3/17)
翌日またWindows10へのアップグレードが始まったそうです。
下記のサイトからWindows10の強制アップグレードをブロックするアプリを入れて頂くようご案内しました。

プログラマから見たWindows 10 番外編その2~Windows 10へのアップグレード抑制ツールの追加情報

  • 2016年3月15日

ファイルの復元Windows10アップグレードトラブルの続き、今度はWindowsの「バックアップと復元」からThunderbirdが復旧できません。

ファイルの復元で、フォルダを指定(¥c¥Users¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Thunderbird)。
復元先を「元の場所」では復元できないので、別の場所(Dドライブ)を指定してみると復元されました。
「xxxxx.default」ファイルを手動でコピー。ファイル名を変更して復元成功です。

  • 2016年3月15日

WindowsUpdateWindows10アップグレードトラブルの続き、リカバリ後バックアップデータも戻せて、後は果てしないWindowsUpdate・・・と思ったら、今度はWindowsUpdateができません。

現在サービスが実行されていないためWindows Updateで更新プログラムを確認できません。コンピューターの再起動が必要な可能性があります

と出て、再起動してもずっとこの繰り返しです。

これはネットでググると対処法がありました(感謝!)。

「Windows(R)Update」”現在サービスが実行されていないため・・・”と表示され、Windows Updateができない(履歴の消去)<Windows(R)7/Vista(R)>

下記をメモ帳にコピーして「repair.bat」と名前を付けて保存。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

これを管理者権限で実行して再起動すると修復されました。

  • 2016年3月15日

2016-03-13 15.24.26突然にWindows10へのアップグレードが始まって、失敗し、起動しようとすると「Missing Operating System」と出ていたそうです。
ASUSサポートサイトによると、一応Windows10無料アップデート対応機種。

PC:ASUS N53JF
OS:Windows7 HomePremium 64bit
CPU:インテル® Core™ i5-460M プロセッサー 2.53GHz
Memory:4GB
HDD:約500GB

一旦バッテリーを外して付け直して電源を入れてもNG。
BIOSを規定値に戻してもNG。
Windows7のOSディスクでスタートアップ修復も失敗。
システム修復ディスクでもNG。
最近のバックアップから戻そうにも、同じディスク内ではフォーマットするのでできないと怒られる。
ハードディスクを取り外して、UbuntuにUSBに接続して確認するとCドライブの領域が見えない。他の領域でWindowsのバックアップイメージファイルがzip形式で確認できたのでダウンロード。
コマンドプロンプトからMBR修復をしてもNG

bootsect /nt60 sys /mbr

バックアップを残したいので、ハードディスクを交換してリカバリディスクでリカバリをかけるも、最後の3枚目のディスクで失敗。
zipファイルから必要なファイルは戻せたので、元のハードディスクに戻して、内蔵のリカバリ領域でリカバリ。
DドライブにWindowsバックアップのイメージファイルが残っていたので、ここからバックアップを戻すことができました。

さて、ここからGoogleChrome、Microsoft Security Essencials、MS-OFFICE2003、Office互換パック、Adobe Reader、筆ぐるめ、Thunderbirdなどインストールし、さらにトラブルは続く・・・。

  • 2015年7月16日

パソコンが起動できなくなったそうで訪問しました。
スタートアップ修復になって失敗して、回復オプションが出ているようです。
リカバリされては困るので、中止してシャットダウンして、一旦電源コードとバッテリーを外し、再度電源を入れ直すとWindowsの更新を時間をかけてやって起動できました。

システムの復元、イベントビューアを確認すると、7/15の夜のWindowsUpdateの後起動できなくなったことがわかりました。

スタートアップ修復 システムの復元

  • 2015年6月13日

パソコンが起動できないそうで訪問しました。
ブルースクリーンが出て、スタートアップ修復になり、失敗する。
この繰り返しだそうです。セーフモードでも起動できません。

PC:NEC VALUESTAR VN770/J
OS:Windows8.1 64bit
Memory:8GB

起動には失敗しますが、NECのトラブルシューティングの誘導に従って、システムの復元ができました。
直近の復元ポイント(6/7)を選ぶと、アプリケーションエラーが出て失敗。

「rstrui.exe」
0xfb065560の命令が0x00000008のメモリを参照しました。メモリがreadになることはできませんでした。

5/27の復元ポイントに指定すると復元できました。
パソコンも起動できました。

Smart Update、Homeリンクマネージャがエラーを吐いているのでアップデート、WindowsUpdateを全部しつつ様子を見ます。
どうやら最近のWindowsUpdateでの障害だったようです。

  • 2015年4月2日

InternetExplore11の表示が英語になってしまうそうで訪問しました。
これは、IE9の頃からあるトラブルで、WindowsUpdateで、Windows7 SP1とIEのアップデートがタイミングが同時になった場合に起こる障害とか。
対処法は、
システムの復元とか(未改善)、
IE11の日本語パッチをインストールするとか(インストールできませんとエラー)、
WindowsUpdateでIE11を入れ直すとかあるけど(失敗する)、
いずれも未改善。
過去にも同様のトラブルは経験していますが、その時は日本語パッチをインストールできて解消しました。

見つけた対処法はこれ(感謝)

またまたIEネタ。(^^ゞ 英語表記になってしまったIE11は、一筋縄ではいかなかった話。

メニューバーが英語表記になって困っています

どうやら、IE11のアップデートが失敗してそのまま残ってしまっているようです。本家が無くなるといけないので転載します。

まず、IE11をダウンロードしておく。
コマンドプロンプトを管理者として開く。
下記のコマンドを実行

FORFILES /P %WINDIR%\servicing\Packages /M Microsoft-Windows-InternetExplorer-*11.*.mum /c “cmd /c echo Uninstalling package @fname && start /w pkgmgr /up:@fname /quiet /norestart”

IE11削除

時間はかかったが完了。
再起動して、IE11をインストール。
これで解消しました。

 

  • 2014年5月11日

InternetExploreの脆弱性問題

WindowsUpdate会社からIEが危険なので、WindowsUpdateをするようにと通達が来たそうで、ご自身でやってみたところうまくいかないそうで訪問しました。
確認すると、SPが入っていません。だからそれ以降のWindowsUpdateが十分にできないようです。
パソコンの設定では自動更新になっています。
ともかく、SP1を手動でインストールします。

Windows 7 SP1 をダウンロードしてインストールする方法

その前に入っていなければいけないパッチが一つ入っていないので、それをインストールして、SP1もインストール。
こちらはインターネット回線がADSLなので、WidowsUpdateは時間がかかります。
先にGoogleChromeをインストールして、WindowsUpdateを開始して、後はご自身でやっていただくことになりました。

ついでにFacebookの情報公開範囲を最小限度に設定。

  • 2010年11月11日

IE6では申し込み不可

PC:EPSON Endeavor
OS:WindowsXP SP3

PC:東芝 Satellite L300
OS:WindowsXP SP2→SP3

WEB上から懸賞の応募をしようとしたところうまくいかず、問い合わせをしたらIEのバージョンが6だからではないかと言われたそうです。
Yahooサイトにもサポート外のメッセージが出ています。
それ以外にも色々見てほしいそうで訪問しました。

まず、WindowsUpdateして、SP3をインストール。
IE8を勧められますが、IE8でトラブルもあるので今回はIE7をインストール。
これで懸賞の応募はできました。

次にジャパンネット銀行、前回訪問時に銀行カードが見当たらず取引開始できなかったのです。
今回はカードもワンタイムパスワードもありますが、ログインパスワードが不明です。
心当たりをいくつか入力してみましたがダメです。
仕方ないのでパスワード再発行手続きをご案内しました。

古いデスクトップパソコンの処分を依頼されました。
確かOSがWindows98?
とりあえず引き上げて後でHDD消去しましょう。

給料明細を作っているEXCELのワークシートが線が消えたり、計算式が上書きされたりしていました。
これを修正してOK。

では、また半年後くらいにおじゃましましょう。