会社貸与iPad・iPhoneをMDMで管理してみた

テレワーク導入で会社から社員に貸与するiPhone、iPadをApple Business Manager+MDMで管理してみました。

初めての経験で、最初は自分の端末で試してみてからと思いましたが、Appleさんに問合せてみると、まずAppleさんからMDM利用を前提に購入しないといけないのでした。既存の端末も管理できないわけではありませんが、その場合の方が難しいようで、マニュアルを読めば読むほど、文章の途中で参照先を読んでいるうちにマニュアルをループし始めてしまい、ネットでググっても古い記事まで読んでしまい、さらにループにはまり、始める前に勉強をというのは時間がかかりすぎる事がわかりました。

で、やってみた\(^o^)/

Apple Business Manager

MDMはJamf Nowを契約。
実際に端末を登録してみると、面白いですよ!

学校だとApple School Manager、企業だとApple Business Managerで、要するに使う人が勝手に色々できないようにします。パスコード紛失とか、端末を紛失とか、盗難とかあっても、学校や会社で対処できるようになります。アプリも勝手にインストールはできませんし、必要なアプリはまとめてインストールできます。

携帯のキャリアで法人契約でiPhoneやiPadを購入すると、MDMもついてくるのですが、それだとそのキャリアで購入しないといけません。キャリアを通さずにAppleから直接購入すれば、携帯キャリアは必要ならSIMカードのみ契約すれば良いし、格安SIMでもSIM無しでも良いです。
何よりパソコンで管理できるのは便利で、お勧めです。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA