• 2015年8月27日

女性のお客様には女性のスタッフを

嶋崎女性スタッフによるパソコンサポート会社です。 一人暮らしの女性や、家庭の奥様に、「女性だと安心」「なんでも聞きやすい」と好評です。テレワーク支援・無線LAN設定・LAN工事・電話工事もお任せください。リモートサポートに対応しています。

どんな人がやってるんだろう?と興味を持っていただいたら、どうぞブログを見に来てください。 社長100人挑戦ブログ(移転しました)「女でも工事屋になりたかったのです」

対応エリア:神奈川県座間市・相模原市・横浜市・川崎市・海老名市・綾瀬市・伊勢原市・厚木市・東京都町田市・他、リモートサポートにて世界中に対応。

  • 2022年5月18日

正しくないイメージ エラー状態 0xc0000020

パソコンが動かなくなったそうです。2019年購入、まだ3年です。

PC:ASUS VivoBook S15 S510UA-75GRS
OS:Windows10 Home
CPU : Intel(R) Core i7-7500U Prossecer
Memory:8GB
HDD : 1TB

「chrome.exe – 正しくないイメージ」エラー状態 0xc0000020

訪問してみると、そのエラーはもう消えていましたが、別のエラーが出始め、段々パソコンの反応が悪くなっていきます。
特に怪しげなソフトが入っているわけでも無く、再起動しても改善しません。
正しくないイメージも、Microsoft SharePoint.exeだったり、msedge.exeだったり・・・。

ネットでググると、WindowsUpdateが原因のようで、かなりやっかいそうです。
Microsoftからは、よくあるレベルの解決策しか情報が無く、ユーザーの試しても直らなかった情報ばかり・・・。
とりあえず、システムの復元を試み、かなり時間がかかるので一旦撤収しました。
夜になって、復元失敗の報告がメールで送られて、さてどうしたものか・・・。
Windows10の修復インストールを試み、それでもダメなら初期化ですが、初期化しても再発したという情報もあります。
バックアップを取って、メーカーサポートに任せたほうが良いかもしれません。

  • 2022年5月17日

画像の白色が黄色になる

パソコンで開いた画像の白色が、突然黄色になりました。
WordやExcel・Explorerの背景色は白なのですが、フォトで開いた画像の白い部分が黄色くなります。
パソコンを再起動しても未改善。

画像の白色

ぐぐってみると、結構あるらしい。古くは10年前にも。
対処方は、ディスプレイの詳細設定の色の管理を変えること。

ディスプレイのアダプターのプロパティ

[ディスプレイの情報]で、[ディスプレイ1のアダプターのプロパティを表示します]をクリックし、[色の管理]タブを開く。

「このデバイスに自分の設定を使用する」にチェック。
[追加]をクリックして、「sRGB 仮想デバイスモデルプロファイル」を設定し、[既定のプロファイルに設定]。

ディスプレイの解像度を一旦変えて、再度元の解像度に戻すと、修正できました。

修正完了

結構手こずりました。
WindowsUpdateはしています。
Microsoft関連のサイトからは対処方は見つかりませんでした。

  • 2022年5月15日

縦書PDF文書をコピーしたら文字分割された

縦書きのPDF文書をコピーしたら、1文字ごとに改行が入って貼り付けできないそうです。





↑こんな感じ。

EXCELに貼り付けて、行列入れ替えコピーして、セルの結合してみました。

 

縦書文書を横書に

GoogleスプレッドシートでもOKです。
ひとつのセルに複数文字入ってしまったところもありました。それはleft関数とかでなんとかしましょう。

  • 2022年5月12日

Facebookアカウント30分で永久停止

facebookお客様の会社で、新しい事務員さんが入ったので、ホームページや連携しているFacebookやInstagramの管理をしていただこうと、アカウント登録しました。
まず、Gmailで業務用にアカウントを作成し、Facebookにも登録しました。
こちらの会社のFacebookページは、数年前に私が作っていて、私と事務で管理者になっています。
その管理者に事務員さんのアカウントを追加。

すると、その作業約30分くらいの間に、新人さんのFBアカウントが停止されてしまいました。
異議申し立てして、写真も送ったそうです。
でも、完全停止されてしました。

仕方ないので、私の使っていないスマホに格安SIMの一つを入れて、そのSMS番号でFacebookアカウント登録を試みました。
それも最初から停止。どうやら名前+生年月日で跳ねたらしい。それしか考えられません。
それも異議申し立てして、写真をアップロード。結果は翌日以降とのこと。

待ってても仕方ないので、Instagram登録。こちらは普通に通りました。
FacebookがInstagramやMessengerの管理を、一括で行うツール「Meta Business Suite」を公開しています。
これでFacebookアカウントも登録できれば、同時にFacebook・Instagramに投稿管理ができる訳です。

一企業がやることなので、ダメなら仕方ありませんが、まじ舐めてんな。
まだ、Facebookアカウントで本人確認するサービスがあるのですが、そろそろみんな考えたほうが良い。

  • 2022年5月11日

「Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない」

Google Workspaceを正式に契約した会社さんの、今後の業務への有効活用を考えて、取り急ぎ1冊Googleに関する本を読んでおくことにしました。

Google Workplace

「Google式10Xリモート仕事術――あなたはまだホントのGoogleを知らない」

著者は、Google 認定トレーナーとGoogle Cloud Partner Specialization Educationを2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者だそうで、Googleのアプリの紹介が多いのは当然でしょう。

彼女が言うに、「上達のカギは一人で勉強するのではなく、みんなと一緒に使うことです」。
逆に言うと、みんなが使う気が無ければ活かせません。
一人で使っていてもGmailやGooglechrome・GoogleDriveは優秀だし、便利です。
でも、他人と一緒に使うことが無いなら、個人の使用でも充分でしょう。
Googleのアプリは現在69有り、20知っていれば上級者、10知っていればリモート強者だそうで、この本はそのくらいを目標に書かれています。

「Fail fast」という思想は同感です。計画・検討はもちろん大事ですが、何よりやってみて軽い失敗を経験するのが一番の近道と考えます。
意外とこれは理解されません。やってみないとわからないことはたくさんあります。
私には逆に理解できないのですが、事前に個人使いしてみるということを多くの人はやりません。
どこかの組んだシステムを契約して、いきなり使いなさいと渡されます。全く理解に苦しみます。

Googleを活用するに当たって難しいのは、Google以外のサービスとの兼ね合いだと思います。
MicrosoftやAppleのアプリとGoogleWorkspaceを併用して使う。
そこで難易度が上がります。
そして、もう一つリスクを上げましょう。
Googleに限らないのですが、ユーザーインターフェイスが変わるのでマニュアル劣化が早い。時々サービスを終了して、代替ソフトが存在しない。
過去にもそういう事が何度かありました。

「これしか使えない人」にならないこと、Googleより優秀なサービスが出てきたら、乗換えられる人・組織である事が大事だと思います。

  • 2022年5月11日

Apple Payに銀行クレジットカードを登録

iPhoneのApple Payに、法人契約の銀行のクレジットカードを登録しました。

住信SBI銀行

Apple Payって、対応銀行が少なくて、なかなか使えませんでした。
VISAクレジットカードでも、提携していないケースも少なくありません。
お客様の信金カードとか、JCBとか全滅です。
そうなると、iTunesカードを買って来るしかありません。
このへんは、androidの「おサイフケータイ」の方が優位です。

住信SBIネット銀行がMastercardで対応したと聞いて、VISAから切り替えました。
あとはペイジーに対応してくれると完璧なんですが・・・。
住信SBIネット銀行、オススメです。

  • 2022年5月8日

SSDが認識しない

explorer.exeがアプリケーションエラー で、障害を起こしたASUS D320SFのSSD。
その後、起動しないPCとWindowsの壊れたPC で、別の故障PCのSSDと交換しました。
この障害SSDですが、今後の為に症状を整理しておきます。

SK hynix 256GB

ssd

PC起動時に、explorer.exeのアプリケーションエラーが出続けて、タスクバーのアイコンが出ない状態で、[Ctrl]+[Alt]+[Deleate]を押してタスクマネージャを開くと[explorer]が応答なし。何度も起動に失敗して、起動に成功するとPCが落ち着いて使えるようになる。
GoogleChromeは起動と同時に落ちる。

タスクマネージャ

WindowsUpdateは失敗する。手動でも失敗。

セーフモードで起動しても未改善。

新しいユーザーの作成は、新しいユーザーでのセットアップが完了できません。これは削除。

システムスキャン(sfc /scannow)も「Windows リソース保護は要求されたソースを実行できませんでした」と出て失敗。

システムスキャン

パソコン初期化は、「問題が発生しました やり直すことができます OOBESETTINGS」を繰り返す。
これは、ぐぐると同じ障害の情報がありました。対処法としては、この画面で強制終了して完了できた人もいるらしい。

問題が発生しました

なぜか、ライセンス認証エラーが出ましたが、修復を選ぶとライセンス認証完了。

ライセンス認証

Windowsの一時ファイル(temp)を削除しても未改善。

explorerのオプションで履歴の削除をすると、改善!したと思いましたが、すぐに再発。

USBメディアで起動してWindows10のクリーンインストールも失敗。

その後、別のPCのSSDと交換して、別のPCにUSB接続してみましたが、認識しません。

いわゆるSSDの突然死とはちょっと違います。

 

  • 2022年5月7日

ファイル名一斉変換

会社さんのデータ管理をNASからGoogleDriveに切り替えることになりました。
何年も前からファイル名やフォルダ名のルール問題が課題になっていて、何度も同じ話題が出ては実行できず・・・、そこでこの機会に、移行データに含まれる半角カタカナやスペースを一斉変換できるソフトを探してみました。

お~瑠璃ね~む

このソフト、とても使いやすくてうれしいです。対応環境 : Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10って偉いです。
お陰様で簡単にファイル名の一括変換ができました(感謝!)。

まず、半角カタカナ→全角カタカナ

お~瑠璃ね~む

スペース→[_(アンダーバー)]。

お~瑠璃ね~む

ガチガチのルール既定までしなくても良いですが、機種依存文字はやめましょうよ。
あと、自分が見つけやすいように★を頭につけるのは、自分のPCだけのファイル整理では構いませんが、組織で共有するファイルではやめましょう。
ファイルやフォルダの整理は、ファイルを目で探す前提ではなく、並べ替えたり検索することを考えましょう。
目で探しているとフォルダ階層がやたら深くなります。
フォルダ階層が深くなると、パスが長くなって、プログラミングなどでは面倒になります。
目も疲れますよ。

  • 2022年5月4日

Windows11の最小システム要件を満たさないPC

Windows11のCPU切り捨てで、世間にはあと3年でお蔵入りのパソコンに溢れています。
あのさあ、前にWindows10が最終って言ってたよねぇ。

そのMicrosoftさんが、Windows11の最小システム要件を満たしていないPCにWindows11をインストールする方法を、お勧めしないながら公開しているので、一応試してみました。
Windows 11 をインストールする方法

PC:PCG-41414N(VPCSE19FJ)
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit → Windows10 Home 64bit
CPU:Intel(R) Core i5-2430M(2.40GHz)
HDD:750GB
Memory:8GB

9年前のパソコン、Vaioが終了した時に(その後復活)、最後の記念に買っておいたVaioパソコン S シリーズ(2011年10月モデル)。
当然Windows11非対応。
今回確認だけしておこうという趣旨です。

警告:

Windows 11 の最小システム要件 を満たしていないデバイスに Windows 11 をインストールすることは推奨されません。 これらの要件を満たしていないデバイスに Windows 11 をインストールすると、リスクを確認して理解 したこととみなされ、次のレジストリ キーの値を作成して、TPM 2.0 (少なくとも TPM 1.2 が必要) のチェック、CPU ファミリ、CPU モデルをバイパスできます。

レジストリ キー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup

名前: AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU

種類: REG_DWORD

値: 1

レジストリ エディターなどを使用してレジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する場合があります。 これらの問題により、オペレーティング システムの再インストールが必要になる場合があります。 Microsoft では、このような問題の解決に関しては保証できません。 レジストリの変更は各自の責任で行ってください。

もちろんCPUはNGだし、TPMは影も形もありません。

PCG-41414N

レジストリ追加でリストはパスできるらしい。
Windows11をダウンロードして、USBインストールメディア作成。
BIOSのBootで「External Device Boot」を「Enabled」に変更して、USBメディアからの起動を許可。

PCG-41414N

USBメディアで起動して、Windows11のインストール画面が出ました。

PCG-41414N

そして!

PCG-41414N

ということでした。「少なくとも TPM 1.2 が必要」は、本当の最小システム要件でした。
この後このパソコンはUbuntu(最新バージョン)パソコンとなります。
それもダメならChromeOS Flexに。

  • 2022年5月2日

起動はするが何もできないパソコン

富士通 LIFEBOOK AH77/Dパソコンが調子が悪く、起動はするのだが何もできないそうです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/D(FMVA77DW)
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Core i7 2630QM 2GHz/4コア
HDD:750GB
Memory:8GB

このパソコンはもともとWindows7で、Windows10アップグレード対象から外れており、近い機種もいろいろ制限事項があるようでした。その後もこのスペックにしては動作が遅いので、WindowsUpdateをしてシャットダウンしないことをお勧めしてきました。
それが、しばらく入院していらしたそうで、4ヶ月ほどパソコンをつかっていなかったとのこと。
そして、電源を入れてみたら何もできない・・・。

訪問して確認すると、全てがとてつもなく遅いのです。
でも、延々と待っていると動きます。
常駐しているMcAfeeとかソースネクストのアップデート管理アプリを削除。
イベントビューアのログを確認すると、explorerのエラーとxboxアプリのエラーが見つかりました。
これらはWindowsUpdateで修復するのが良いので、しばらくWindowsUpdateをして様子を見ることになりました。
そうこうしているうちに、パソコンは普通に動くようになってきました。
電源コード接続時は、パソコンの蓋を閉めても何もしない設定に変えて、なるべくシャットダウンしないで使って頂きます。
WindowsUpdateで要求されたら再起動するようにしましょう。

このお客様はアマチュア無線をなさるので、パソコンアプリ「Turbo Humlog」がWindows11に対応しているか確認。
Windows10 までは対応していました。パソコン買い替えが悩ましいです。