• 2021年1月24日

ずっと気になっていたNASです。お客様のNAS購入の為に色々調べていたらますます欲しくなっちゃって、先に自分の分を買っちゃいました。
DS220jとWD20EFAX-YET✕2

NAS初心者ガイド付きですが、字が小さくて見えないので、ネット上のマニュアルを見ました。

Synology DS220j Synology DS220j Synology DS220j Synology DS220j

組み立てて、ケーブルを繋いで、正面の電源ON!

Synology DS220j

ブラウザから「http://find.synology.com」でNASの管理画面(Web Assistant)にアクセスすると検索が始まって、画面に従って「DiskStation Manager(DSM)」のインストールが始まります。

Synology DS220j

インストールが終わるとこんなシンプルな画面。

Synology DS220j コントロールパネル メニュー

このへんまでの設定はYoutubeに動画もあって、とても親切です。

私の場合はIPアドレス固定して、ワークグループ名設定。DSMのポート番号を変更。
メニューや、コントロールパネル、ファイルステーションも直感的に操作できます。
Ubuntu・Windows・iMac・android・iOS全部軽やかに設定が終わりました。

QuickConnectを設定すると、ネットワーク外からpc、スマホ、タブレットアプリでNASにアクセスできます。

QuickConnect

今使っているqnapのNASからのデータ移行は、「File Station」でqnapとFTP接続をして、エクスプローラでコピペするように移行させることができました。

バックアップアプリも使いやすく、クラウドサービスとの連携もスムースです。
ただ、この入門機ではスナップショットが使えません。また、メモリ増設もできません。
会社で使うなら機器名に「+」のつくモデルを買ったほうが良いでしょう。
また、USB接続のハードディスクにバックアップを取ることもできるので、余ったハードディスクを活用したいです。

qnapではすぐにCPUやRAMが一杯になっていましたが、今のところSynologyは余裕で、RAM(512MB)が60%を超えません。
今後はSynologyですね。

Synology DS220j

  • 2020年12月11日

ThunderbirdとCANON ESETでトラブル

11/28以降、Thunderbirdでメールが受信されないそうです。
急遽訪問しました。
ちょうど他のお客様で、同じ環境で同じくメールが受信できない事例があったばかりです。
エラーは出ません。
メール送信はできます。
OCNサイトに行ってもそんな情報はありません。
さんざんググって見つけました。
Canon NODアンチウイルス等で起きているトラブルです。
[WEBとメール]→[SSL/TLS]と展開し、[SSL/TLSプロトコルフィルタリングを有効にする]の設定を変えて一応回復するとのこと。
原因はまだ調査中。

Thunderbirdでメールの送信や受信ができない

  • 2020年11月25日

パスワード付きZIPの受信を廃止します

有限会社ワークデザインは、本日よりパスワード付きZIPの受信を廃止します。
メールは受信しますが、添付ファイルは削除しますので予めご了承ください。

パスワード付きzipファイルはセキュリティソフトをすり抜ける可能性があり、これを利用したマルウェア Emotetの被害が増えているところです。
ネット上のファイル受け渡しサイトも広告を利用した詐欺行為の可能性があります。

この対応策については、お客様のネットワーク環境に応じて個別にご相談させていただいています。

  • 2020年11月20日

【ScanSnap IX1500】パソコン別にアカウントを変えたい

ScanSnap IX1500を活用しまくっています。
今回は、複数人でScanSnapを使う場合、パネルで色分けできます。
追加設定するパソコンのScanSnapアカウントを別に設定します。

Scansnapを起動しておき、パソコンにScanSnap Homeをインストールしたら、パソコンのメニューで「設定」→「環境設定」を開き、「アカウント」タブで、「アカウント未登録の場合はこちら」で、アカウント登録ページへ行き、「追加ライセンスを登録する」を作成し、サインインします。

scansnap

今回は私一人で使うのですが、パソコン毎に設定やパネルの色を変えたかったので、別途アカウントを追加してみました。
こういう時に便利なのがGmail。メールアドレスのアカウントの後に「+〇〇〇」をつけると、別のメールアドレスとして使用することができます。つまりメールアドレスを増やさずに2つ目があるように使えるのです。
例:hogehoge@gmail.com → hogehoge+sub@gmail.com

会社に一台置いておくとペーパーレス化がはかどります。

参考:

ScanSnap Homeのライセンス認証をする
Scansnapアカウント管理ページ

  • 2020年11月20日

PINナンバーの再設定?

突然パソコンの立ち上げ時、PINナンバーを再設定するようにとのメッセージが出てしまったそうです。サインインオプションでパスワードに切り替えてみて頂きましたが、本人確認など出てうまくいかないそうで訪問しました。

パソコンを起動すると、前日は出なかった画面が出て、とりあえず開くことができました。どうやらWindowsUpdateの直後のようです。
PINの更新をしてみます。
手書きのノートの中から正しいパスワードが見つかりました。
ご自身で操作していた時もいろいろ画面に出たようですが、MicrosoftアカウントのメールアドレスがOCNのメールで、メールで認証しようにもパソコンが使えなくて困ったとの事。
そうです、このMicrosoftのアカウントのトラブルはいつもそうなんです。

そこで、MicrosoftアカウントのメールアドレスにGmailを追加し、プライマリに変更しました。OCNメールはセカンダリに。そして、iPhoneでもOCNのWEBメールを見れるように設定。HOME画面にトップページのアイコンを出しておきます。
これでどっちかトラブルになっても大丈夫です。
もうメールソフトは使わないほうが安心です。

  • 2020年11月20日

iMacでもiPhoneでもScanSnap IX1500

ScanSnapを買い替えて約1ヶ月のレビューです。scansnap

まず悩んだのはソフトウェア、私の場合買い替えなので、今までのScanSnap Managerを使うか、新しいScanSnap Homeを使うか、詳しくは下記にメーカーの解説があります。
ScanSnapで利用できるソフトウェア

名刺アプリのデータ移行も考えますが、いずれはScanSnap Managerは終了するらしいし、iMacも買い換えました。
ScanSnap Managerでデータ移行した上で、ScanSnap Homeにソフトを移行するのか悩みましたが、旧iMacはまだ手元にあるので、ScanSnap Homeで設定することにしました。

まず、ScanSnap Homeをインストール。そしてScanSnapアカウントに登録。これ大事。
登録することで、最大5デバイスでScanSnap Homeを使用することができます。パソコン1台だけで使うので無ければ必須です。
ScanSnap Homeを複数のパソコンにインストールしたら、ユーザープロファイルを作成。スキャンの保存場所などを好みの設定にして、パネルのアイコンの順番を使いやすくカスタマイズ。ユーザーの色を変えてわかりやすくします。この時に、スキャン設定のファイル形式のオプションで、「検索可能なPDFにします」にチェックを入れましょう。

scansnap scansnap scansnap

スキャンしたデータは編集も可能で、Officeソフトに変換もできますが、これは一応できるというレベル。

旧iMacの名刺アプリ「CardMinder」からは、データベースを書き出しして、新iMacのScanSnap Homeでメニューバーの[ヘルプ」-「移行」-「CardMinder」で取り込めました。

iPhoneでは、ScanSnapアプリを使って、これまではLINEやSlackで画像を送ろうと思ったら写真撮影していましたが、ScanSnapでPDFとしてスキャンするときれいで早い。

紙の書類はもちろんPDF化して、SideBooksに入れました。これで、紙の書類を持ち歩く必要が無くなり、カバンひとつで仕事ができるようになりました。
仕事の環境は一人ひとり違うので、マニュアルには目を通すことをお勧めします。急がば回れ。

  • 2020年11月19日

パスワードに紛らわしい文字の使用はやめましょう

パスワードやキーが通らない。

パソコンのトラブルでとても多いトラブルがこれ。
多くは入力ミスだけど、見えないようになっている場合は、メモ帳などを開いて見える画面で入力してコピペすれば良い。

パスワード内に紛らわしい文字をわざわざ使っているのは嫌がらせじゃないかと思う。
フォントによっても見分けられないような文字が、老眼の人間に対する暴力のように小さく記載されている。
紛らわしい文字は使わなければ良いではないか。
こういうのは思いやりが無い。

そこで、こんなEXCELシートを作ってみました。
パスワードやキーを配布する時にこうやってわかるようにしてあげて欲しい。
ご自由にお使いください。

アルファベットと数字→よみがな

  • 2020年11月15日

仕事でパソコンに向かう時、立ったまま作業しようと思い、机の上を高さ調節するために小さなテーブルを載せていましたが、一日中立っていると流石に疲れるし、動画を見ながら食事することもあります。
何より、この小さなテーブル自体も机の上で場所を取るのでずっと考えていました。

今回見つけたのがこれ。

ノートパソコン用4軸式アーム改

ノートパソコン用アーム   

ノートパソコン用のアームと、トレイが2個。キーボードを載せてみました。使わない時は奥のデッドスペースまで回しておける。
トレイには、未処理の書類と処理済みの書類を載せます。
マウスはノートパソコン用のスタンドに載せています。

  • 2020年11月15日

Zenfone7pro待ちに待ったZenfone7、ちょうどiPhone12も出て、どのサイズのどの色を買うか悩ましい。
うちのZenfone 4 Maxが、バッテリーがすぐ無くなったり、充電ケーブルの差込口の接触が怪しげだったり、もうそろそろやばいので本当に待ち遠しかった。
ただ、この大きさが・・・、大き過ぎる。でも、買わないという選択肢は無い。

買うことは決まっているのでネットで購入でも良いのだけど、オーロラブラックかパステルホワイトのどっちにするか、色を直接見たかったのでヨドバシカメラに行ってみました。
が、見本はオーロラブラックしかありませんでした。ついでにiPhone12もと見に行くと、ブルーしかありません。サイズも標準サイズしかありません。miniが見たかった。
ヨドバシで置いてないのなら他所でも置いてないだろう。

観念してしてZenfone 7 Pro(オーロラブラック)を購入。
すぐに液晶フィルムを貼ってセットアップ。
セットアップは自動でZenfone4 MaxをBluetoothで接続して、データの移行もやってくれる。この辺はiPhoneと同じ。便利になったもんだ。

Zenfone7pro

ディスプレイ:6.67インチはでかい。もうこれはタブレットでは無いか。Nexus7に近い。
ちょうどモバイルバッテリーと同じくらい。ということは、モバイルバッテリー替りになる。モバイルバッテリーよりも軽い。
そう考えるとカバンは軽くなる。

Zenfone7pro Zenfone7pro

ケースは同梱されているけど、プラスチックですぐに傷がついてせっかくの背面のデザインが台無しなので、市販品で良さそうなのを発注。
ストラップホールが無いので自分で開ける。いらないかもしれないけど一応。充電しているのはiPhone SE。

通話契約しているNifmoのSIMを、iPhoneSEに装着してこっちを通話用スマホに変更。LINEもこちらに移行。
LINEのandroid版からiOS版への移行はトークが引き継がれないけど、Chrome版がそのまま残っているので助かりました。
ZenfoneにはBBExciteのデータ専用+SMS。つまりメインスマホは、この流れでいずれはiPhone12 miniになることが決定。

SIM

指紋認証は相変わらず私の指は認識しません。奇跡的に一度できたものの2度と認証できませんでした。
その代わりに顔認証。噂のカメラがうぃーんと出てきてこっちはちゃんと認識しています。マスクは無理だけどメガネは大丈夫。
このカメラ、パソコンの後ろとか見えづらいところを見るのに便利。

想定外のうれしい発見が一つ。
愛用していたなんでもビューアプリ「clipbox」の古いバージョンがデータ移行で継承されて、前のZenfoneでは起動できなくなっていたのが復活!
再びYoutube動画もダウンロードできるようになった。

電源ボタンがそのままだと触れただけで認証になっちゃうので、設定で押すように変更。
ダークモードが評判良いので変えてみたらGoodでした。
あとは車載ホルダー、今のは押さえが電源ボタンに当たっちゃうのと、厚みが足りません。

メインはiPhoneになっちゃうけど、androidも違う役割があるのです。

  • 2020年11月4日

決算(電子申請)が終わった!

決算の電子申請が面倒なのは年1回だから。
元税理士事務所職員だった私でも、むしろ年に1回になると非常に面倒くさい。
会計ソフトは軒並みサブスクリプション化が進んでいて、サブスクに契約してしまうともう普通の人は乗換なんて大変過ぎてやめられないので、サポートも劣化する。
お試し期間があったって、普通の人にはお試しなんてできません。経理を勉強せずに使うユーザーのサポートなんてできると思えない。
経理ソフトのサブスクが安いと税務アプリが高かったり、販売管理や給料計算とどこかで利益を取る仕組みになっている。
去年からずっとこの課題を先送りにしてきましたが、結局このまま申告作業は自分でやることにしました。

eTaxそして申告ソフトのeTaxとeLTax。
ハンコ廃止が話題になっている昨今、eTaxはハンコ無しなのに・・・?と思っていたら、Youtubeの高橋洋一チャンネルで解説していました。
高橋さんがeTaxを作ってんですね。税を集める方はハンコ無しOKって(笑)
去年と比べると、elTaxがかなり良くなっていました。
去年までは我が座間市は納税は非対応でしたが、今年は法人税も法人市県民税も法人事業税・県民税も、全部ネットで完了できました。
納税もペイジーに対応しているので、ジャパンネット銀行でも大丈夫。

マイナンバーカードでのログインは、決算前に設定をするのは気が重いので今回は元のままにしました。
自分で申告して、税務調査が入れば間違いがあれば見つけてもらえばいいかなって思います。