• 2021年5月8日

新しく購入したパソコンの字が小さいです

ブラウザの拡大表示パソコンの文字が小さいと言われたら、設定で文字サイズを大きくするか、解像度を下げるという答えになるでしょう。
お客様の質問を言葉通りに受け取ってはいけません。

実際には、今までのブラウザが150%表示にしてあったが、新しいパソコンでは既定の設定のままなので、自分にとっては小さいということです。

  • 2021年5月4日

ASUS Zenfone7とZen GimbalとRODE Wireless Go Ⅱ

Zenfone7でジンバルを使いたくて、「ZenGimbal」を買ってみました。
折りたたみ式 3軸ジンバルスタビライザーです。

Zenfone7のカバーは外さないといけません。

ZenGimbal

最初の組み立てはちょっと悩みました。
毎度の通り、取説はあっさりしてます。

ZenGimbal

このジンバルに「Wireless Go Ⅱ」を接続するとしたら、ここしかなく・・・。

Wireless Go Ⅱ

ケーブルの接続が・・・(¯―¯٥)

Wireless Go Ⅱ

iPhoneもこんな感じ。

ZenGimbal

ZenGimbalはASUSのアプリ「ZenGimbal」があります。iOS版もあります。

でも、使ってみるとジンバルって面白いです。
どこかに撮影にいかないといけませんね。

  

 

  • 2021年5月4日

私のメインスマホは「Zenfone7」と「iPhone SE」、これらで動画撮影する為にRODEの「VLOGGER KIT」とワイヤレスマイク「Wireless GoⅡ」(2021年4月1日(木)発売)を導入しました。
メーカーサイトによれば、RODE Microphonesは、オーストラリア発のオーディオ機器メーカーで、本社はシドニー。親会社はフリードマン・エレクトロニクス社だそうです。

VLOGGER KIT RODE Wirelles Go Ⅱ

メインがZenfone7なので、「VLOGGER KIT」のUSB-C エディション(USB Type-C端子対応のマイク「VideoMic Me-C」が付属)を購入。
これは、動画配信を始めたい人にお勧めのキット。とりあえずこれ買えば動画配信できます。LEDライト付きなのがなかなか便利です。
足をたたむと自撮り棒にもなります。ジンバルにはなりませんが、Zenfone7なら手ブレ補正機能があるので、激しい動きでなければこれでも大丈夫。
iPhone SE接続用のケーブル「SC2」も購入。

RODE Vlogger Kit SC2

さらに、「Wireless GoⅡ」をつけてワイヤレスマイクを使いたい。
2つの音源を同時に録音できるデュアルチャンネル対応ワイヤレスマイクシステム、インタビュー動画を撮るのに必須です。
メーカーサイトを確認して、ケーブル「SC16」を購入。
また、上部に「Wireless GoⅡ」を取り付けるため、シューマウント「DCS-1」を購入。

RODE Vlogger Kit SC16 DCS-1

動画撮影で外部マイクを使用する設定がなかなかありません。
見つけたのは「Open Camera」。外部マイクの設定項目があります。

RODE Vlogger Kit

「Wireless GoⅡ」のメンテナンスをする為に、iMacに接続するので、「SC17」を購入。

Wireless GoⅡ SC17 

RODE提供のアプリ「RODE Central」をインストールし、「Wireless GoⅡ」をiMacに接続すると、ファームウェア更新を要求されるので「Update」をクリック。これは3台ともそれぞれに実施。

Wireless Go Ⅱ

Wireless Go Ⅱ

送信機に直接録音も可能で、その場合もPCと直接接続して操作します。

RODEのサポートサイトでユーザー登録すると、製品保証の1年がさらに1年延長されます。
最近はそういうのが多いので、皆さん気をつけたほうが良いです。

いろいろオプション品を純正で買い足しました。安物を買って不良品や相性問題で時間を取られるのは不毛です。

      

 

 

  • 2021年5月3日

パスワード付きZipファイルが開けないそうで、緊急訪問しました。
新コロナのワクチン接種関係の書類なのです。

メール(Outlook2013)の添付ファイルがzipで、それが開けなくてお困りです。
メールソフト(Outlook2013)が意味不明なエラーを返します。
WinZipを購入手続きもしたそうですが、それでも開けないとのこと。
WinZipなんて無くても普通Windows10なら解凍して開けるはずです。

パソコンは東芝Dynabook。そう、DynabookにはWinZipが無料でバンドルされています。これが時々有料版を勧誘するのです。
幸か不幸か、クレジットカード決済ができなくてコンビニ支払いにしようとして、そのままだそうです。

WinZipが入っているせいで、普通に表示されるはずの「すべて展開」が見つかりません。WinZipをアンインストールすると、表示されました。
パスワードがかかっているので別のメールで届いたパスワードを入力。これも本当に意味がありません。
そもそも、個人情報を含んでもいない添付ファイルです。本当に意味がありません。

WinZip

  • 2021年5月3日

スマートSMEサポーター認定されました(経済産業省認定)

ワークデザインは経済産業省により、情報処理支援機関「スマートSMEサポーター」に認定されました。

情報処理支援機関「スマートSMEサポーター」とは、中小企業のIT活用を支援するITベンダーなどを対象に、経済産業大臣が認定を行う制度です。
認定されたITベンダーやITツールの情報は、中小企業やその支援者である商工団体の方々に広く情報提供されます。

 

スマートSMEサポーター

Smart SME Supporterサイト

  • 2021年5月2日

iPhoneのSIMをBiglobeからOCNモバイルONEに乗換をお手伝いしました。
半年ほど前に、楽天モバイルに乗り換えようと電話をしたところ、料金を値引きするので、半年だけでも待って欲しいと言われて、継続していたものです。
その頃は楽天モバイルは1年間無料キャンペーン中だったのですが、それは終わってしまって今は3ヶ月無料です。

数ヶ月の通信量を見て検討しますが、会社でも自宅でもWiFi接続ですし、コロナのせいで外出もあまりありません。料金が発生しているのは多くが通話料金で、通話用アプリからかければ安くなるけど、着信からかけ直すとどうしても普通の電話アプリからかけてしまい、それが長電話になったケースです。

再度色々検討して、OCNモバイルONEに変更しました。
電話料金を安くする為に、電話アプリを別途インストールする必要が無いのがメリットでした。

OCNモバイルONE

パソコンサポート(別件)で訪問した際に、MNP予約番号をWEBから取得して、後日予約番号が届いてから、パソコンにリモート接続して一緒にOCNモバイルONEの申込。

そして、SIMカードが届いてから、再訪してOCNモバイルONEの開始手続きと設定をしました。
作業前に念の為にLINEのバックアップをしました。
ついでにMacBookのメンテナンスと、Signalのインストール。
そして、お仕事のご相談やら、プライベートのご相談やら、雑談やら・・・。

  • 2021年4月27日

お客様の会社にSynology「DS220+」を導入しました。
現在QNAPのNASをお使いですが、今回はSynologyを入れてみました。
目的は動画や画像の保存と管理です。

最近、動画活用が重要になってきて、現在のQNAPのNASだけでは1年以内に容量が足りなくなると思われ、また管理方法やルールを考える必要もあり、スマホやタブレットとの共有も必要になりました。
私個人では「DS220j」を購入して使用していますが、実際に使ってみて「DS220+」の方が絶対に良いことがわかりました。

SynologyのNASはこれで3台目です。
おや、これはネジ止めが無いモデルですね。はめ込み式です。ネジ探しちゃいました(汗)。

DS220+

DS220+DS220+

これには「Synology DiskStation 目的別ガイドブック」が冊子で同梱されています。
「NAS初心者ガイド」はサポートサイトからダウンロードできますが、この目的別ガイドブックは冊子でしか無いようです。
こっちの方がなかなかわかりやすくて良いので、自炊してデータ化しました。データ化した方が大きい字で読めるし、リンクも開きやすいです。

「DS220j」は初心者向けにお勧めの設定になっているのに対して、「DS220+」は自分で最初から設定が必要です。
ファイルの管理に「File Station」で別のNASにFTP接続して、まとめてデータをコピーや移動ができて、しかも処理が早い。
写真の管理に「Photo Station」、動画の管理に「Video Station」。
外付けのUSB機器から画像や動画を自動で取り込むこともできます。
バックアップは「Hyper Backup」で、毎日USB接続したドライブへバックアップ。5日分バックアップを取るよう世代管理しました。
あまりデータの動かないフォルダは月1回の設定にして、できるだけNASの使えない時間帯を少なくします。

QNAPのNASでも同様の設定は可能ですが、人気があるということもあって、ここ数年ブルートフォースアタックがすごいんですよ。
もちろん「admin無効」とか色々セキュリティ対策はしてて防いでいるけど、通知のメールがすごい数なのでメッセージルールで振り分けないとメールが使えません。
ウイルスチェックが重かったり、この頃ちょっとしんどそうです。

さて、Synology NASはどうでしょうね。

  • 2021年4月24日

PCA商魂の更新作業

会社でお使いの「PCA商魂X(スタンドアロン)」がサポート終了で、上位バージョンに切替作業をご依頼です。
このソフト、112,000円ですが、ソフトインストールからデータコンバート作業が20万もします。
5年前にもこの作業をしましたので、多分できるだろうと思いお引き受けしました。
5年前も、「20万もする作業ってどんなんだろう」と思いました。
普段の運用保守申込をしても、この作業は保守範囲には入っていないのだそうです。
メーカー側はクラウド版に乗り換えてほしいのでしょう。

前回もそうでしたが、マニュアルは他のソフトと共通マニュアルなので、会社さんの購入したパターンで適宜読み分けないといけません。
前回同様、頑張って何度もマニュアルを確認しながら作業を終えました。

私は20万ももらってませんよ(笑)。

  • 2021年4月6日

スタートボタンが反応しない

スタートボタンが反応しません。
通知エリアも表示できません。
つまり、設定が開けません。
検索バーに入力できません。

LIFEBOOKPC:富士通 LIFEBOOK AH2/C2
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB→8GB
CPU:Intel Celeron 3865U

ネットには接続しており、タスクバーにピン留めしたアプリは起動できますが、メールアプリは「Explorer.EXE クラスが登録されていません」と出て起動できません。

クラスが登録されていません

再起動も未改善。
高速スタートアップを無効にしても未改善。
タスクマネージャからExplorerを再起動も未改善。
StartMenu Experience Hostの修復も未改善。
ユーザーアカウントを新規作成してみようとしても、作成できない。
スタートアップ修復も未改善。
システムの復元(約4時間かかった)で3/16に戻してみたところ、改善しました!!

設定も出るし、通知エリアも出ます。メールも復活。
改めてWindowsUpdate。気が遠くなるほど。
おそらくWindowsUpdateが原因でしょう。
あまりパソコンを使わないし、WiFiルータから距離もあるのでうまくUpdateを完了できなかったのかもしれません。
Updateを待つ間に増設用メモリを発注。なんか変わったメモリらしく、メモリの対応表に推奨のメモリが少ないです。
やっと見つけたのは業務用(Buffalo MV-D4N2400-B8G)。

パソコンのWindowsUpdateが全部終了して、メモリ増設完了。
それでももっさり感が抜けない。
Christal Disk Infoでハードディスクをチェックしますが、本当にあまり使ってないです。
念の為富士通アップデートも実施。
WiFi、Bluetooth、ディスプレイ、ドライバ更新。Biosファームウェア更新。
これでもうしばらく頑張れ!

last comments
いしかわ
いしかわ

ありがとうございました‍♀️ スマホがあるからとパソコンはあまり必要なく ただi…
marumi
marumi

何とかなって良かったです。今後ともよろしくお願いします。

  • 2021年4月2日

Thunderbirdでメールが送信できない

会社で使っているパソコン全部でメールが送信できなくなったお客様、設定は正しくできており受信はできるし、WEBメールで送受信はできます。
なぜか会社内のパソコン3台とも送信だけできません。
去年、OCNの設定が厳しくなった時にメール送信ができなくなって、その時設定は修正しています。

メールの送信前にエラーが発生しました。サーバーからの応答:
5.7.1<p2166033-なんちゃら>: Client host rejected:Relay Access denied(E053)
送信に使用するアカウント情報と認証方式が正しいか確認してください。また、現在のネットワーク上で、このSMTPサーバーを経由した現在のログイン情報による送信が許可されているか検証してください。

 

PC:acer
OS:Windows10 Home 64bit 20H2
メールソフト:Thunderbird 68.12.1→78.9.0
ISP:OCN
セキュリティソフト:ウイルスバスタークラウド

送信サーバー情報を削除して登録し直してもダメ。
OCNに電話していただきましたが、契約上の問題も無く、「OCN側は正常です。Thunderbirdの問題では?」と返事するだけ。
役に立たん。
ネットでググっても特に情報も無い。
試しにわざと間違った設定にして、ソフトを起動しなおしてみたりするうちに、1台だけ送信できるようになりました。
それでも他のパソコンは直りません。
パスワードを変更して、設定し直したりするうちになぜか送信できるようになりました。

よくわからないけど、直ったので作業完了しましたが、翌日また送信できなくなりました。
全部できません。

まったく違う問題なんじゃないか?
他にOCNメールで、Thunderbirdをお使いのお客様もいらっしゃいますが、そんなトラブルは確認できていません。
ESETで受信できない障害はありましたが・・・、セキュリティか?

メールの送信前にエラーが発生しました。

WindowsUpdateか、ウイルスバスタークラウドか、試しにウイルスバスターのファイヤーウォールを無効にすると、メール送信できました。
ネットワークがパブリックになっているのに気づき、プライベートに修正。
その後はウイルスバスタークラウドのファイヤーウォールを有効に戻してもメール送信できます。

ファイヤーウォール パブリック

ところが、その後すぐに送信できなくなりました。
そして、しばらくするとまた送信できるようになりました。
全部のパソコンです。もう何が原因やら・・・。

その後、約1ヶ月が過ぎましたがまったく正常に動作しています。原因不明のままです。