• 2020年9月15日

今まで自宅にはインターネット回線を引いていなかったお客様、新コロナで自宅でインターネットが必要になりました。楽天ひかりをご契約です。
楽天ひかりはIPv6「IPoE/IPv4 over IPv6(DS-Lite)方式」なので、対応したルータを用意しました。

I・O DATAのWi-Fi6対応ルータ WN-DAX1800GR

I・O DATAのWi-Fi6対応ルータ

設定は初めてです。
NTTの光の工事は簡単に終わったそうです。

I・O DATAのWi-Fi6対応ルータ
設置して、ランプはどこ?ランプ後ろです。この頃のアイ・オー・データはランプを正面につけません。ちょっと不安になっちゃいます。
取扱説明書を読むと・・・、何も設定が書いてありません。
いらなかったのです。びっくり!
繋がっています。

早速速度測定すると、下り:83.92Mbps、上り:88.70Mbps。
良い感じです。

Amazon Fire TV Stick 4Kを接続設定。これで、ずっとおうちにいても退屈しないでしょう。

  • 2020年9月13日

学校でICT教材として採用されているELMOの書画カメラ、メルカリでポータブルタイプの中古が出ていたので衝動買い。

ELMO Mo-1

これがWEB会議のカメラにも便利。微妙に位置を調整できて安定して固定できるのがうれしい。
iPadでWEB会議すると、角度的に下からのアングルが嫌で、毎回何か挟んで角度調整する。
新しい機種はネットワーク接続も可能だけど、これは古いのでUSB接続のみ。

ELMO MO-1

HDMIへの出力がHDMI-microプラグ(タイプD/19ピン)で、ケーブル探しましたよ。

ELMO MO-1

WindowsでもMacでも繋がります。カメラはUbuntuでも大丈夫。

ELMO M0-1

外の景色も映っちゃいます。

  • 2020年9月12日

医療機関のお客様に、予約システム用のパソコンを導入しました。

PC:IIYAMA STYLE-ILH3-i5-UHX
OS:Windows 10 Pro 64bit
CPU:Intel(R) Core i5-9400
SSD:250GB SSD / NVMe M.2
Memory:8GB(4GBx2)

Display:I-O DATA EX-LD2383DBS

本体はディスプレイの後ろに入る手のひらに乗るミニタイプ、ディスプレイは縦置きです。キーボード・マウスはBluetoorh接続なので、必要無い時はこれも後ろに置けます。

IIYAMA IIYAMA

セキュリティはうるさい画面の一切でないCanon NOD32 アンチウイルス。
パソコン起動と共にGoogleChromeで予約システムが起動するようにスタートアップ設定。
パソコンは電源ボタンの設定で、シャットダウンもボタンを押すだけでできるようにしました。
ディスプレイはパソコンの電源と連動するので、ディスプレイ自体の電源の入切が不要です。

ノートパソコンにも接続して、増設ディスプレイも兼ねることができます。

設定は、デスクトップ上で右クリック→「ディスプレイ設定」→「複数のディスプレイ設定」項目から「表示画面を拡張する」を選択→「変更の維持」をクリック。
「向き」を縦にして位置を調整。メインにするディスプレイはノートパソコンのまま。
ピボット(ディスプレイを回転させる機能)非対応の場合は、モニターアームを使うことになります。
しかし、VESA規格(ディスプレイの裏側にアームをネジ止めする)になっていない場合は、残念ながら回転できません。

一つ難があって、予約システムの仕様で解像度や文字サイズの変更ができません。
小さい文字が辛い職員さんの為に、Windows標準アプリの「拡大鏡」を試します。

  • 2020年9月2日

Skypeに参加できない

テレワークのiPad AirでSkype会議に参加ボタンが表示されない現象が発生しました。
Skype Ver.8.63.0.76

Skype

アプリをアンインストールして、インストールし直しても直りません。
ノートパソコンでなら正常です。

これ、iPad Airを縦にすると参加ボタンが出てきます。
そして、参加した後は横置きにしても大丈夫です。

Skype

バグですかねー。

  • 2020年8月24日

データ消去の方法として、リカバリが簡単にデータ復旧できることはもう常識です。
処分したいデスクトップパソコンからハードディスクを取り出して、Windows10のパソコンに「つなが〜るKIT USB light」で接続。

つながーる

今回はWindows標準のコマンド「diskpart」を試してみました。

コマンドプロンプトを管理者権限で起動

c:/>diskpart

・・・

DISKPART> list disk (ディスクを確認)

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
###                       ミック
———— ————- ——- ——- — —
ディスク 0 オンライン 931 GB 0 B
ディスク 1 オンライン 74 GB 1024 KB

DISKPART> select disk 1 (ディスクを選択)

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> list disk (選択されたディスク*を確認)

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
###            ミック
———— ————- ——- ——- — —
ディスク 0 オンライン 931 GB 0 B
* ディスク 1 オンライン 74 GB 1024 KB

DISKPART> list partition(ディスクのパーティションを確認)

Partition ### Type Size Offset
————- —————— ——- ——-
Partition 1 プライマリ 68 GB 31 KB
Partition 2 OEM 6142 MB 68 GB

DISKPART> clean all(ディスクを削除し、全ディスクに0データを書き込む)

DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

データ抹消

80GBのディスクで2時間超え、1TBのディスクでは1日以上放置したので、正確に測定不可。

  • 2020年8月21日

キーボードキーボードのいくつかのキーが認識しないそうで、修理をご依頼です。
修理屋さんに問合せたところ、修理用パーツが品薄状態で、中国待ちになる可能性が高いとの事。

PC:富士通 LIFEBOOK A576/PW(FMVA1601BD)
OS:Windows10 Pro 64bit
HDD:500GB
Memory:8GB

そこで、うちにある中古品(LIFEBOOK A574)を使うことにしました。
ちょうど、バッテリー故障で、Windowsライセンスの無いUbuntuの富士通LIFEBOOKがあります。
型番がちょっと違うので、合わなければ仕方ありません。

お客様宅で修理屋さんと待ち合わせたところ、その場で30分でキーボード交換してくれました。
お客様、弊社に連絡する前にリカバリなど試みておられ、その為Officeが無くなっています。Officeのライセンスカードが見つからず困りましたが、何とか見つけることができ、Office.comから再インストールすることができました。

  • 2020年8月18日

富士通 ESPRIMO D583/HWのWOL設定をしましたが、BIOSで「LANによるウェイクアップ」を使用する設定にしても、ネットワークデバイスの[プロパティ]-[詳細設定]にWOL関係の項目も電源管理のタブも出てきません。

WOL WOL設定
このパソコンはWindows7からWindows10 Proにアップデートしています。WindowsUpdateは全部実行しています。

ネットでググっても情報はほとんど無いのですが、古い記事でREALTEKの台湾サイトからドライバを入れてできたというのがあり、すでにそのリンク先も無いのですが、

REALTEKのドライバダウンロードサイト
https://www.realtek.com/ja/component/zoo/advanced-search/80?Itemid=389
の「PCI GBE name: Realtek PCI GBE Ethernet Family Controller Software」から、
「Win10 Auto Installation Program (SId:1152921505690824611)」をダウンロードしてインストールすると、ネットワークデバイスの[プロパティ]-[詳細設定]に「ウェイク・オン・マジック・パケット」項目と[電源の管理]タブが表示され、設定することができました。

WOL

  • 2020年8月10日

17年前に設置した無線機が非力なので交換ご希望です。
LAN:PR-400NE、ASUS RT-AC67U
インターネット回線:フレッツ光ネクスト
ISP:OCN

こちらは回線の引き込みの部屋から、リビングまでの壁が電波を弱めています。
昔有線LAN工事をさせていただき、2階には通線しています。ここに無線機を追加すればリビングも電波が届くのではないかと期待して訪問しました。

今回導入したのがこれ。ASUS RT-AC67U 2台セット。

MeshNet

設定もすごく簡単です。まず1台目、無線LAN接続設定を好きなように設定して、PPPoE接続設定をします。

NTTのルータのPPPoE設定は切断、[詳細設定]のブリッジ接続はデフォルトでチェックが入っています。DHCPもOFF。こっちのIPアドレスはあえて「192.168.1.1」のまま。ASUSのネットワークは自動で「192.168.2.1」に設定されます。パソコンからはこのIPアドレスで、スマホやタブレットではアプリを入れてアクセスします。

2台目のRT-AC67Uを同じネットワークに有線LAN接続して、1台目の管理画面からAiMeshノードの追加をすると自動で検出して追加完了。
この追加作業、タブレットのアプリでは失敗しました。有線LANパソコンでは問題無し。設定できたら例えば別の場所に設置して、無線LAN中継器にもできます。
今回は2階の有線LAN接続で、1階リビングのテレビまで接続(2.4Gで、5G帯は電波弱い)できました。

Softbankに相談したらSoftbank Airをお試しで送ってきたそうですが、そんなものはいりません。

  • 2020年8月7日

いつからか、Outlook2019がオフラインになって、メール受信できないそうです。

これは、Outlook の [送受信] タブで [オフライン作業] をクリックしてオンラインにできました。

オフライン

  • 2020年7月18日

iPhoneSEでeSIMをデュアルSIMやってみたいので、今度はIIJmioのeSIM「データプランゼロ」を契約してみました。これが申し込むとすぐに開通して、SIMカード不要なので簡単でうれしい。

主回線はBBExciteで、副回線をIIJmio。設定もめっちゃ簡単。
初期費用:200円。通信料:月額150円。追加データ料が1GB:300円。
このチャージがたいてい500GB:500円なので、チャージ専用回線にすると良いかも。

iPhone SE

ちょうど、So-netの0simが終了するので、その替わりです。

メインスマホ(Zenfone4 Max):Nifmo
タブレット(iPad 11 Pro):Rakuten UN-LIMIT)
サブスマホ(iPhone SE):BBExcite + IIJmio
ちなみにBBExciteは実家の母のスマホと通信費シェア。これは全く使ってる気配が無い。
どれも契約に縛りは無いので、1年毎に契約見直します。