• 2021年2月17日

Microsoft365とMS-OFFICE 2013 2019

社内にOfficeのバージョンがいろいろある会社です。
MS-OFFICE Home & Business 2010やら、MS-OFFICE PERSONAL 2019、2016、2013。
さすがに2010はサポート終了しているので替えたいのですが、また最新版の単体で購入するのか、ゆくゆくはMicrosoft365にするのか悩むところです。
Microsoft365を積極的に導入したいとまでは思えません。Teamsも使ってません。
要するにWord・Excel・Powerpointが使えれば良いのです。共同編集とか高度な機能もまったく使ってません。

そこで、とりあえずMicrosoft365 Appを1ライセンスのみ1年間契約してみました。
3台にインストールして、1年使ってみて、また考えます。

インストールしてみると、「アカウントの保護にご協力ください」

Microsoft365

次へ進むとこんなものが・・・(^_^;)

Microsoft365

絶対入れたくないので、今はしない(期限まで13日です)。でも、13日後どうする?

とりあえず、多要素認証(2段階認証)をオフにして、設定要求も非表示にしました。
こちらのサイトにお世話になりました(感謝!)。

多要素認証(2段階認証)をオフにする。設定要求も非表示にします

Microsoft365ポータルにサインイン。
アプリランチャーから[管理]に入る。
左ペインの[ユーザー]→[アクティブなユーザー]の[多要素認証]で、[Multi-Factor Authentication]は無効を確認。

Azure Active Directory 管理センターにサインイン。
左側メニューの[すべてのサービス]→[Azure Active Directory]→[プロパティ]を開き、
[セキュリティの既定値群の管理]で、[セキュリティの既定値群の有効化]を[いいえ]に設定。
理由を聞かれたので、一番上を選んでおきました。

Microsoft365をインストールする前に入っていたOffice Personal 2019には簡単に切り替える訳にはいかないけど、一応戻すことはできるらしい。
退職者がいると入替えもあって、わかりにくいので様子見します。
あえて言うと、OneDriveだけ使ってみたいと思います。その時は何か認証用の端末を用意しようと思います。

  • 2021年2月15日

ZOOM講習会で音が聞こえない

Zoomお客様がZoomの講習会に参加したいとのことで、パソコンでアプリをインストールしていました。
こちらの顔も出さないし、発言もしない。つまり見えて聞こえれば良いので、カメラ・マイクはありませんが参加できるようにしていました。
私のスマホで接続テストもしてありました。

ところが、当日になって聞こえないと連絡が来ました。
急遽リモート接続すると、映像は見えていますが、音が聞こえません。
音声テストは通っているし、パソコン自体の音声は聞こえます。
画面左下のオーディオマークは「接続中」のままです。
パソコンを再起動してもダメです。

仕方がないのでスマホで受講して頂きました。
画面が小さいので映像はパソコンで見たいのですが、先方がなかなか許可してくれません。
結局、しばらくたってパソコンで見れるようになったそうです。
映像はパソコンで、音声はスマホで受講できました。

次回までにマイクとカメラも接続しましょう。

  • 2021年2月14日

MacのGoogleChromeがズームしてしまう

iMacのGoogleChromeで何かのタイミングで、ズームされてしまうのです。
必ずGoogleChromeでです。マウス操作中です。
ぐぐってもなかなかヒットしなかったのですが、見つけましたよ。

Chromeが勝手にズームする原因がわかったよ(Mac)

感謝です。いやあ多分マウスの関係だろうとは思ってましたが、意図して操作していないのでググろうにもなかなかキーワードが適切に見つからなかったわけです。

スマートズーム

無効にすれば再発は防げますが、そうするとまた忘れてしまうので、これはわかれば便利な機能なので、積極的に使うことにします。

  • 2021年2月10日

Archer C55お客様のお宅で無線機が古いので交換しようと購入した「Tp-Link Archer C55」。
このメーカーの機器は初めてですが、なぜか設定に手間取り、ファームウェア更新したところ繋がりました。
と思ったら、これを2階につけると、1階でネットがダウン。
訳がわからないので、この機器はやめて別の無線機を設置しました。

このトラブルの原因がやっとわかりました。
この「Tp-Link Archer C55」はブリッジモードでの設定が可能です。
手順もサポートサイトに案内があります。
ブリッジモード(アクセスポイントモード)への動作モード切り替え方法

ですが、既存のネットワークにブリッジで無線アクセスポイントとして追加設定しようとすると、ルータのON・OFFを切り替えるボタンが無い為、一度はネットワークに接続することになり、その時点でルータが有効で他のネットが落ちてしまいます。
スマホアプリで設定しようにも、ネットに繋がっていない無線機には、スマホも接続できません。設定アプリはユーザー登録しないと使えません。
それでも前回は直結しているパソコンからブリッジの設定をしましたが、再起動してもブリッジにならなかったのです。

今回は、「Tp-Link Archer C55」のWANポートを外して電源を入れ、LANポートにパソコンを接続し、ブリッジの設定完了後、ルータがランプでOFFになったのを確認した上でWANポートをHUBと接続すると正常に利用できるようになりました。
アマゾンの↓レビュー、助かりました。(感謝!)
ブリッジ接続、APモードは初心者向けではありません

設定できれば電波状態も速度も良好です。
値段が安いのはこの辺の問題もあるのかもしれません。

  • 2021年2月10日

本人確認お客様からパソコンを起動したら、本人確認が出て、パスワードを要求されて何を入れても通らないとSOSです。

ひょっとして青い画面ですか、ああ前にも他のお客様であったような・・・、とにかく訪問してみました。
予想通りのWindowsUpdate後の画面です。Microsoftアカウントサインインに誘導されて、もう戻ることもできません。
一旦シャットダウンしても、起動すると同じ画面になります。

東芝のパソコンなので、まず東芝のサポートに電話したそうです。
すると、Microsoftに電話するように言われたそうです。
Microsoftに電話すると、入力しているメールアドレスの会社「Fiberbit」に電話するように言われたそうです。
そして、Fiberbitに電話すると、FiberbitはWEBメールが無いので無理と言われたそうです。

まず、Microsoftアカウントはありますが、ローカルアカウントログインです。Fiberbitは関係ありません。
WindowsUpdateの後でMicrosoftが定期的に、Microsoftアカウントでサインインさせようとする罠にはまりました。
戻る矢印はありませんが、WiFiを無効にして再起動するといつもの画面で起動することができました。

今後また同じことが起こると思われるので、とりあえずMicrosoftアカウントのサインインも確認してPINを登録。
その上で、ローカルアカウントログインに戻しておきました。
MicrosoftアカウントはWEBメールが使えて、スマホでも受信できるメールアドレスにしてあります。
本当にWindowsはやっかいですよ。

  • 2021年2月9日

ZOOMのアカウント切り換えができない

お客様のZOOMでアカウントの切替ができなくなったそうで、リモートサポートで対応しました。
お客様はGmailでメールアドレスを2つ作成し、プライベートと仕事用で切り換えています。
切り替えるにはサインアウトするのですが、サインアウトしてサインインするメールアドレスをクリックしても無反応です。
前にも同じことがあったような気がします。

GoogleChromeのツールバーにMcAfeeの拡張機能があるので、試しに拡張機能を削除するとサインインできるようになりました。

  • 2021年2月7日

画像ファイル(HEIC)がWindowsで開けない

iPhoneやiPadで撮影したHEICファイルが、NASやWindowsPCで開けません。
iPhoneやiPad側の設定で、カメラのフォーマットを「高効率」から「互換性優先」に変えればjpgファイルで撮影されますが、せっかくファイルサイズが小さくできるのですから、何とかしたいですね。
Windows10の「HEIF画像拡張機能」は、もうひとつ「HEVCビデオ拡張機能(120円)」を入れないと開けなくなってしまっています(嫌がらせかいな)。
MacBookでなら変換できますが、皆がMacBookを持っている訳でもない。
Googleフォト、フリーソフトを使うなどもありますが、もうちょっと何か・・・。
 

iPhone・iPad側でやりましょう。
写真の設定で、「MacまたはPCに転送」項目で、「自動」にチェック。
写真アプリからPCやNASに送る時になら、jpgに変換できます。
すでに保存してしまったHEICファイルは、今回は「iMazing HEIC Converter」を使ってみました。

追記(2021.05.30)
SynologyのNASでは、スマホ用アプリで自動的にjpgに変換されました。

Photo Station との最適な互換性を確保するため、DS photo は、iOS 11 以降を実行するデバイスで写真をアップロードする場合、 HEIC 形式の写真を JPEG 形式に変換します。

また、Teams経由でWindowsへ渡せば、jpgに変換されます。

  • 2021年2月2日

PDFのプレビューが表示されない

パソコンの調子が悪いとご相談です。買い替えても良いとのことでしたが、調子が悪いの何が悪いのか一つ一つ確認しなければ、例えば本人の使い方に問題があったら、せっかく買い替えてもすぐ同じことになるかもしれません。

今回は、EXCELがフリーズするとの事なので、Officeの修復を実施。
Officeはバージョンが古い(2010)ので「Microsoft365」にアップグレードする予定です。
これならパソコンを買い替えても大丈夫。

PDFのプレビューが表示されなかったり、画面が突然黒くなりしばらくすると戻るとか。これは「pdf-viewer」と「Adobe Reader」が入っているので、「pdf-viewer」はアンインストール。
「Adobe Reader」の設定で、[環境設定]-[一般]-「Windows ExplorerでPDFサムネールのプレビューを有効にする」のチェックボックスをオン。

これで、イベントビューアではエラーはとりあえず出なくなりました。

  • 2021年1月24日

ずっと気になっていたNASです。お客様のNAS購入の為に色々調べていたらますます欲しくなっちゃって、先に自分の分を買っちゃいました。
DS220jとWD20EFAX-YET✕2

NAS初心者ガイド付きですが、字が小さくて見えないので、ネット上のマニュアルを見ました。

Synology DS220j Synology DS220j Synology DS220j Synology DS220j

組み立てて、ケーブルを繋いで、正面の電源ON!

Synology DS220j

ブラウザから「http://find.synology.com」でNASの管理画面(Web Assistant)にアクセスすると検索が始まって、画面に従って「DiskStation Manager(DSM)」のインストールが始まります。

Synology DS220j

インストールが終わるとこんなシンプルな画面。

Synology DS220j コントロールパネル メニュー

このへんまでの設定はYoutubeに動画もあって、とても親切です。

私の場合はIPアドレス固定して、ワークグループ名設定。DSMのポート番号を変更。
メニューや、コントロールパネル、ファイルステーションも直感的に操作できます。
Ubuntu・Windows・iMac・android・iOS全部軽やかに設定が終わりました。

QuickConnectを設定すると、ネットワーク外からpc、スマホ、タブレットアプリでNASにアクセスできます。

QuickConnect

今使っているqnapのNASからのデータ移行は、「File Station」でqnapとFTP接続をして、エクスプローラでコピペするように移行させることができました。

バックアップアプリも使いやすく、クラウドサービスとの連携もスムースです。
ただ、この入門機ではスナップショットが使えません。また、メモリ増設もできません。
会社で使うなら機器名に「+」のつくモデルを買ったほうが良いでしょう。
また、USB接続のハードディスクにバックアップを取ることもできるので、余ったハードディスクを活用したいです。

qnapではすぐにCPUやRAMが一杯になっていましたが、今のところSynologyは余裕で、RAM(512MB)が60%を超えません。
今後はSynologyですね。

Synology DS220j

  • 2020年12月11日

ThunderbirdとCANON ESETでトラブル

11/28以降、Thunderbirdでメールが受信されないそうです。
急遽訪問しました。
ちょうど他のお客様で、同じ環境で同じくメールが受信できない事例があったばかりです。
エラーは出ません。
メール送信はできます。
OCNサイトに行ってもそんな情報はありません。
さんざんググって見つけました。
Canon NODアンチウイルス等で起きているトラブルです。
[WEBとメール]→[SSL/TLS]と展開し、[SSL/TLSプロトコルフィルタリングを有効にする]の設定を変えて一応回復するとのこと。
原因はまだ調査中。

Thunderbirdでメールの送信や受信ができない